かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

The Raspberries

The Raspberries 「Raspberries(ラズベリーズ)」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
かな子風邪ひいたっぽいですよ・・><
熱はあるけど38度には届かないし、これはただの風邪ですね・・たぶん・・。
でもめっちゃ足痛いんで、午後から病院行ってインフルの検査もしておこうと思ってます・・(;´д`)
まずはブログ更新だ・・(`°ω°´)

※ 本記事は 2016 年 12 月 7 日の記事に加筆・訂正したものです。

 

 

The Raspberries 「Raspberries(ラズベリーズ)」

ここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんのレコード棚からもちだしたのは、ザ・ラズベリーズの「Raspberries(ラズベリーズ)」です!
ジャケットはもっさいというか・・ベルトが変身ヒーローとかそういうの?
良く言うとテレビジョンの 1st アルバムを連想しました (ΦωΦ) 

 

メロディ・ラインの美しいパワー・ポップの源流的バンドの 1972 年発表のデビュー作

聴いてみると、とてもビートルズというか、ポール・マッカートニー風だなという印象を受けますねー。

親しみやすくて綺麗なメロディを書くバンドだと思います (`°ω°´)
でも少なくともこのアルバムのロックンロール的な曲はつまらないですね・・そっちのほうにも才能を活かせていればもっと良いアルバムになっただろうなあと思いました (*´∀`*)

Spotify にも来ていましたのでリストに追加しました (*´∀`*)

 

 

01. Go All the Way
02. Come Around and See Me
03. I Saw the Light
04. Rock & Roll Mama
05. Waiting
06. Don’t Want to Say Goodbye
07. With You in My Life
08. Get It Moving
09. I Can Remember

  • 01. Go All the Way
    こういう粒の荒い歪みギターの音は好きですよ (ΦωΦ) この曲のメロディはとても良いですよねー。全体的には起伏に乏しく聴こえてしまっているのですが、これは狙ってのことでしょうかね?

  • 02. Come Around and See Me
    この曲はベースがよく聴こえて良いです。いまの感覚でいうとブリッジは不要だったかもしれないです (๑´•.̫ • `๑) でも良い曲だと思いますよ!
  • 03. I Saw the Light
    これまた素敵メロディですよ。左側のヘタウマギターもご愛嬌です。右側の不要と思われるカウベルもご愛嬌です。これらの減点があっても良い曲だと思います! ヾ(*´∀`*)ノ
  • 04. Rock & Roll Mama
    ロックンロール曲ですけど、前出の穏やかな曲がとても良い出来なので、どうしても比較してしまって、ただ煩いだけの捨て曲に聴こえちゃいます ( ゚д゚) まあ、この位置になかったとしてもたいした曲じゃないと思いますけどね・・(個人の見解です)
  • 05. Waiting
    これまた良い出来だと思います (๑>◡<๑) このバンドはロック調じゃないほうが良い曲作りますね。とりわけこの曲はポール・マッカートニー風味です!
  • 06. Don’t Want to Say Goodbye
    良い曲だけどアレンジが古臭いのが残念ですねー。( ・´ー・`) 適当で半端なフィル・スペクターみたいな感じかなあ。

  • 07. With You in My Life
    チューバうるさすぎです(笑)これは曲もアレンジも録音も残念なやつですね・・(個人の見解です)
  • 08. Get It Moving
    またロック調の曲ですが、これまた微妙な感じです・・(個人の見解です)特にギター・・もう少し練習したほうが良いかもしれないですね (;´д`)
  • 09. I Can Remember
    悪い曲ではないけど、中盤に曲調が変わるまでは退屈ですねー。中盤以降のほうがずっと良いと思いますよ (ΦωΦ) でも全体的にはちょっと長すぎというか、しつこいアレンジです・・ (;´д`)

 

 

 

The Beatles 「Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)」


たった 1 日でレコーディングされた作品なんですけど、初期ビートルズの本来の姿がむき出しになっているのかなと思います (*゚▽゚*)
どの曲もレベルが高いので、一見「ビートルズが自分たちの好きな曲をカバーしたアルバム」に「見える」アルバムとも言えると思うのですけど、
全 14 曲のうち、8 曲がオリジナル、6 曲がカバーという構成です。実はオリジナル曲のほうが多かったですね(笑)
なんで 1st アルバムなのにジェリー・ゴフィン / キャロル・キングの曲とかと普通に混じってて違和感ないんでしょうね。これって異常だと思うんですけど(笑)

The Beatles 「Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-The Raspberries

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした