かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Queen

Queen 「Queen」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
なんでか札幌は今日はお天気が良かったです。日焼けしてしまいそうでした ಠ_ಠ
最近の涼しさはどこへやら、って感じでしたが、今日のお昼に唐突にペペロンチーノを食べたくなりました (*´∀`*)
にんにく入ってるからなあとお昼は我慢しましたが、晩御飯はこれで決まりだなって感じです!

 

 

Queen 「Queen」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、クイーンの「Queen」です!
ジャケットは、フレディ!かっこいい!


既にバンドの音楽的多彩性が垣間見える 1973 年発表のデビュー・アルバム

このアルバムはただの始まりなわけですよ。でも既に後の偉大なクイーンになる気配で満ち満ちてます (*゚▽゚*)
この段階で既に超越してる感じがするのは、まだフレディ・マーキュリーだけですね。
もちろん普通のバンドのレベルで考えると他の 3 人も既に凄い感じなんですけどね。

Spotify のプレイリストも更新済みですよ ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

 

 

1. “Keep Yourself Alive” Brian May Freddie Mercury with Roger Taylor and Brian May 3:46
2. “Doing All Right” May Tim Staffell Mercury 4:10
3. “Great King Rat” Freddie Mercury Mercury 5:41
4. “My Fairy King” Mercury Mercury 4:07
5. “Liar” Mercury Mercury 6:26
6. “The Night Comes Down” May Mercury 4:24
7. “Modern Times Rock ‘n’ Roll” Roger Taylor Taylor 1:48
8. “Son and Daughter” May Mercury 3:19
9. “Jesus” Mercury Mercury 3:45
10. “Seven Seas of Rhye…” Mercury instrumental 1:10

  • 1. “Keep Yourself Alive”
    出だしのギターが既にかっこいいですからね (*゚▽゚*) このフェイザーのかかった音色がほんと特徴的ですよね。セールス的にはイマイチだった 1st シングルですが、その辺のバンドと比べて何も劣ってませんし、結構わかりやすくノリの良い曲ですから、単に運とかそういう問題だったのでは?って気もしますね。ドラムのソロがあって、その後にギターのフレーズが目立つ場面が何度かありますけど、既にブライアン・メイですね。フレディ・マーキュリーはもう最初からフレディです (*゚▽゚*)

 

  • 2. “Doing All Right”
    ブライアン・メイとロジャー・テイラーが以前在籍していたスマイル時代の曲が取り上げられています。ベースとピアノで始まる穏やかな曲で、出来は普通でしょうかね。展開があって変化をつけようとしているのですが、ちょっとちぐはぐなところがあるんですよね。ギター・ソロの辺りの唐突感とか・・(笑)

 

  • 3. “Great King Rat”
    フィードバックから始まりリフ、ドラムと続ける展開でかっこいいと思います。ワウ・ギターも使ってますね。でもこれフレディの作品みたいですね。なにかプログレを意識しているのか、展開の変化とかに固執しちゃって、しかもまだ技量が足りてない感じでしょうか・・(笑)将来的にはあのクイーンになるわけですから暖かく見守るような感じで聴くのがいいかもですね (*´∀`*) あと、ギター・ソロは 2 本被せなかったほうが良かったかもしれないです・・。

     

 

  • 4. “My Fairy King” 
    ベースの疾走感がかっこいい出だしです。フレディの自己コーラスはその後のクイーンを予感させる感じです (*´∀`*) 疾走する前半と美しいバラードの中間部の対比が印象的ではありますが、ここでもやっぱり「そんな無理に詰め込まなくても・・」みたいな気持ちになります(笑)この辺は初期クイーンの課題だったのかもしれないですね。

     

 

  • 5. “Liar” 
    ギターの音色、いい感じですね。金物もハットに別の金物を混ぜたりして変化を持たせてる感じです。でもそんなことしなくても凄い目立ってますけどね、このドラム(笑)曲自体はわりとストレートなロックです (*゚▽゚*)

 

 
  • 6. “The Night Comes Down”
    この曲もそうなんですが、デビュー・アルバムから既に印象的なイントロを駆使してくるバンドですよね (*゚▽゚)ノ くるくる変わる展開とコーラスも後の得意技になるやつですね。ただまだ経験不足なのか今ひとつな出来ですね・・まだ 1 枚目で仕方ないとはいえ、後の偉大さを知ってるがゆえにハードルを高くしちゃいますよね (*゚▽゚*)

 

  • 7. “Modern Times Rock ‘n’ Roll”
    ロジャー・テイラーのボーカルです。ブライアンのギターが好サポートです。ギターの音色は基本に忠実な感じなお手本のような音ですけど、この頃はこの手の音色ってどんな位置付けだったのでしょうね。

 

  • 8. “Son and Daughter” 
    ヘヴィなベースのリフがかっこいいです!ちょっとブラック・サバスやディープ・パープルみたいですね(笑)出来自体はまあ普通かな (*゚▽゚*)

 

  • 9. “Jesus” 
    ここまでで一番プリティッシュな感じです。捻くれた感じもそんな印象かな(笑)リバーブを深くかけた細いギターの音色なんかも普通ならアレですけど、ブライアン・メイなら仕方ないか、なんかの実験でもやってたんだろうって感じです ヽ(´ー`)ノ

 

  • 10. “Seven Seas of Rhye…”
    これはインストゥルメンタル版ですね。かな子は歌ありのほうを先に聴いていたし、曲自体も短いので「おー、歌なしだ (*゚▽゚)ノ」くらいしか感想はなかったです(笑)

 

 

David Bowie 「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders From Mars」


クイーンと並び立てるバンドって何だろう?って考えた時に、意外にもボウイ様が思い浮かびました (*゚▽゚*) 
そう考えてみると結構共通点あるなーとか思いましたよー。

David Bowie 「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders From Mars」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子

かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Queen

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Queen「Sheer Heart Attack(シアー・ハート・アタック)」

こんにちは!かな子です。 なんか凄い天気よくてポカポカです・・良いんだか悪いんだか ಠ_ಠ かな子は暑いのも駄目なんです ಠ_ಠ 小学生くらいの頃に売ってた飲むゼリーみたいのが再販売されたみたいで、飲 …

Queen 「Queen II」

こんにちは!かな子です。 最近やたらとアップルティーばっかり飲んでます ヽ(´ー`)ノ 昨日行ったネイルサロンでもアップルティーを飲みました (*゚▽゚*) でも今日はまだ 3 杯に抑えているので普通 …