かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

My Bloody Valentine

My Bloody Valentine 「Loveless」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
昨日今日と札幌も暑くなってきて、もうはやく秋にならないかなと思ってますよ ಠ_ಠ
去年まで使っていた扇風機は壊れてしまっていたので、今日は開店と同時にホームセンターで新しい扇風機を買ってきました ಠ_ಠ
聞くところによるとスタバにすいかジュース?みたいのが出てるとのことで、あまり暑くないタイミングを見計らって飲みにいこうと思ってます ಠ_ಠ

 

 

My Bloody Valentine 「Loveless」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出してきたのは、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの「Loveless(愛なき世界)」です!
ジャケットは、美しいと思います!そしてこんなにアルバムの内容を表したジャケットも珍しいかもしれないですね (*゚▽゚*)


1991 年に発表された、シューゲイザーを象徴する作品となった 2nd アルバム

今聴いても異様な音ですよね・・当時はどういった衝撃だったのかなと思います (*゚▽゚*)
ギターの音ばっかりやたら大きくて、ノイズ撒き散らして壁を作って、ベースとドラムは音像の一部になって靄の向こうで鳴ってます。
そこにシンプルで綺麗なメロディのボーカルが浮かんでる・・と、こんなよくわからないのがよく認められたなという感想です(笑)

かな子的にはどうかというと、これはとても美しいと思います。好きなアルバムですよ (*´∀`*)
ノイズ的なものを平気で聴けるようになったのは、たぶんこのアルバムのおかげです。

Spotify のプレイリストも 7 月分を作成して更新済みですー。

なおこのアルバムを逆再生した音源を見つけましたので、それも貼っておきます。ぎゃくから聴いても結構同じだったりして面白かったです (*゚▽゚*)

 

 

1. “Only Shallow” Bilinda Butcher Kevin Shields 4:17
2. “Loomer” Butcher Shields 2:38
3. “Touched” Colm Ó Cíosóig 0:56
4. “To Here Knows When” Butcher Shields 5:31
5. “When You Sleep” Shields 4:11
6. “I Only Said” Shields 5:34
7. “Come In Alone” Shields 3:58
8. “Sometimes” Shields 5:19
9. “Blown a Wish” Butcher Shields 3:36
10. “What You Want” Shields 5:33
11. “Soon” Shields 6:58

  • 1. “Only Shallow”
    歌に入る前に無理矢理にでも引き込まれるような強烈なイントロですよねー (*゚▽゚*) ぐわんぐわんと唸ってるのに綺麗でふわふわしたボーカルが浮かぶという、まあアルバム通してこの調子ちゃあこの調子なんですけど、でも凄く良いです。かな子は特に 2:30 辺りからのカウンターメロディが入ってくるとことか凄く素敵だと思います。ドラムの音がぺこんぺこんしてますけど、この音響には合ってるのがまた面白いです。

  • 2. “Loomer”
    メロディはシンプルなんですけど、この異様なバッキング・ギターの音に映えます ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。ベースもドラムもこの異様なギターに埋もれて聴こえてるんだか聴こえてないんだかって感じなんですけど、この曲ではバッチリです。コール・アンド・レスポンス的に入ってくるギターのパートもまた良いです。
  • 3. “Touched”
    インタールード的なとても短い曲ですけど雰囲気がとても良くて凄い存在感ですねー (*゚▽゚*)
  • 4. “To Here Knows When”
    すごい音像ですよねー。一体何層重ねてるのやら (;´∀`) この曲もメロディを聴くと、アコースティックギター 1 本で作ったようなシンプルで美しいものになってます。仮にそうだとして、どういうステップでこういった音にたどり着くのでしょうね。重なった音が混ざりあってホワイトノイズみたいになっちゃうところも凄いかっこいいです!

     

  • 5. “When You Sleep”
    この曲は普通のロックって感じですよね!普通のロックの曲をこのバンドがアレンジして演奏してみましたって感じです (*゚▽゚*) こんなに普通なドラムもこのアルバムの中では貴重ですねー。

 

  • 6. “I Only Said”
    イントロから繰り返される印象的なフレーズが良いですね (*´∀`*) 2:09 から聴こえるフレーズも好きです。わりとベースが目立って聴こえる曲で、これまたこのアルバムでは貴重なのかもしれないですねー。このバンドって実はベースラインが素敵なことが多くて、ある程度アレンジしてからそれに合わせて作り直してるんじゃないかって思うくらい曲中の良いポイントを結んで行ってますよ。

     

  • 7. “Come In Alone”
    後ろで鳴ってる高い音、なんなんでしょうね(笑)それすら美しく響かせるとこがこのバンドのマジックでしょうかね ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
  • 8. “Sometimes”
    普通にファズっぽいギターの音色が実に良いですねー。他の曲が異様な音を出してるので(笑)凄く普通で穏やかに聴こえます (*゚▽゚*) こういう素朴な曲だとこのバンドのメロディのセンスも特有で素敵なものだとわかります!

 

  • 9. “Blown a Wish”
    このアルバムの中で一番心地よく音が揺れているのはこの曲じゃないでしょうか。メインのボーカルもコーラスもとても美しく浮かんでいます (*´∀`*)

 

  • 10. “What You Want”
    ひょっとしたらこのアルバムで一番派手な曲なのかもしれないです。曲自体は普通のギター・ロックって感じですけど、アルバムの終盤にこのバンドの音で鳴らされるとなかなか高揚するものがあります (*´∀`*)
  • 11. “Soon”
    悪く言うとこの曲だけ浮いてる感じは否めないですねー。でもかっこいい曲だと思います。作品全体にループ感があるアルバムですけど、この曲のループしながら轟音が折り重なっていく感じはとても素敵だと思います (*゚▽゚*)

 

 


爽やかな青空のジャケットのくせにメロディもドラムもない、ただ重低音ノイズが鳴る虚無的なアルバムです。( 3曲目は一応ドラムありますけどね・・)駄目な人には全く駄目というか、始まりと終わりが無い音楽が駄目な人には駄目な類の音楽かもしれないですね・・ >< かな子はもちろん好きです、これ。

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子

かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)

目指せブルース女子代表!

【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview

【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/

【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp

【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/


-My Bloody Valentine

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした