かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

King Crimson

King Crimson 「UNCERTAIN TIMES JAPAN TOUR 2018」(その 2)

投稿日:

こんにちは!かな子です。
なんと 1 月から放置です・・気がついたら春が来ましたね ಠ_ಠ
我ながらいい加減にしようと思って更新しますよ・・。
感想自体はね、全部書いてあったのです。
じゃあ尚のこと放置してたんだって話です・・ಠ_ಠ

 

King Crimson 「UNCERTAIN TIMES JAPAN TOUR 2018」

それではここでお歌のお時間です。
かな子は 2018 年 12 月 2 日のキング・クリムゾン札幌公演に行ってきましたよ!
今回は、今更なレポートその 2 です ( *´︶`*)

夢だけど夢じゃないキング・クリムゾン 2018 年の札幌公演

とりあえず、来日メンバーは、こんな感じでした ヽ(´ー`)ノ
ビル・リーフリンは脱退したのかただの不参加なのか、最近のツアーにはいないようですね?

 

Robert Fripp – Guitar
Jakko Jakszyk – Guitar, Vocals
Mel Collins – Saxes, Flute
Tony Levin – Basses, Stick, Backing Vocals
Pat Mastelotto – Acoustic And Electronic Percussion
Gavin Harrison – Acoustic And Electronic Percussion
Jeremy Stacey – Acoustic And Electronic Percussion, Keyboards
Bill Rieflin – Mellotron, Keyboards, Fairy Dusting

 

第 2 部
11. Drumsons Go Skiing / Peace – An End
12. One More Red Nightmare
13. Red
14. Epitaph
15. Easy Money
16. Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)
17. Meltdown
18. Radical Action II
19. Larks’ Tongues In Aspic Part Ⅴ (Level Five)
20. Starless

アンコール
21. 21st Century Schizoid Man

  • 11. Drumsons Go Skiing / Peace – An End
    ここから第 2 部ですよ! “Drumsons Go Skiing” は何演ったんだっけ・・ ಠ_ಠ  “Peace” は穏やかで美しくて、いい感じでした。ジャッコ・ジャックスジクの声はちょっと弱いところがあると思いますが、この曲ではデリケートさが良く作用していたと思います。この日のジャッコの最高のパフォーマンスだったと思います・・それにこんなに緊張するシチュエーションによく耐えたなって(笑)

     

  • 12. One More Red Nightmare
    イントロのリフが始まると、「おお・・」とまたどよめきです(笑)だってこの曲演るってことは “Red” も演ってくれるんじゃないかって思っちゃいますからね!
    それはそれとして、この曲のヘヴィで暗くて、でもちょっとポップな感じを活かしつつトリプルドラムで料理した感じのアレンジで良かったです。ジャッコ・ジャックスジクのボーカルも「Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind」で聴けるちょっと頼りなさげなとこが無くなって、結構いい感じだったと思います (。☌ᴗ☌。)

 

  • 13. Red
    始まった瞬間に観客席が「ほら演った!!」という感じの盛り上がりを見せたのが分かりました(笑)演奏はね、良い意味で普通でした (>ワ<) だってさんざんアルバムもライヴバージョンも聴いた曲ですもの。そしてトリプルドラムならこうするだろうって演奏をバッチリ演ってくれましたからねー、もう何も言うことありません。予想通り期待通りのクオリティを安定して聴かせるのは本当に凄まじいことですよね!

     

  • 14. Epitaph
    “Red” で盛り上がった観客に容赦なくエピタフです(笑)完全にベスト盤というか名曲メドレーというか、意味不明なセットリストです(笑)
    かな子の席からはメロトロンが見えなかったのですけど、持ってきてたのかな?とにかく目の前でエピタフ演奏してもらってるとかあり得ない話じゃないですか ( ꒪⌓꒪) ジャッコのボーカルもこの曲ではかなり良いと思ってたのですが、実際に生で聴くと文句なしでした (◍•ᴗ•◍)
    かな子の記憶違いでなければ、この曲終わってから観客の拍手、結構長く続いた気がします。メンバーは満足そうにまっすぐ立って、称賛を受け入れていたのが印象的でした。

 

  • 15. Easy Money
    「ぽえーん!」が無かった! かな子の嫌いな「ぽえーん!」が無かった! 最高のバージョンで演ってくれたんですね、ありがとうマステロットおじさん ( ꒪⌓꒪)

     

 

  • 16. Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)
  • 17. Meltdown
  • 18. Radical Action II
    この辺はちょっと覚えてないんですよねー ಠ_ಠ 圧倒され続けてなにがなんだか・・ どの曲もトリプル・ドラムが素晴らしく組み合っていて、きっと試行錯誤しながらベストな演り方を探ってるんだろうなーって印象でした。 でも来年はもっと良くなってるだろうなって思わせるような・・お家に帰ったら新しめのアルバムももっと聴かなきゃって思わせるような・・それってとんでもないことだと思います ヽ(´ー`)ノ

 

  • 19. Larks’ Tongues In Aspic Part Ⅴ (Level Five)
    これはね、完全に舞い上がって混乱したかな子が “Thrak” と勘違いした曲です ಠ_ಠ 興奮して「”Thrak” 演った!」と誤った情報を Twitter に書いたら「いやスラックは演らないだろ・・」とかざわざわさせてしまいました・・ ಠ_ಠ
    この曲でのフリップ先生のギター・ソロ、ロバート・フリップ丸出しで良かったです(笑)今まで何度も聴いたあのフリップ先生節の謎ギターで大変良かったです(。☌ᴗ☌。)

     

    • 20. Starless
      この曲のイントロが来ると観客が一気に前のめりになった雰囲気が凄かったです(笑)もうね、何も言うことは無いです。クリムゾンがスターレスを目の前で演奏してました。それが事実でそれだけが重要です。
      そして誰もが「これがアンコール前ということは、最後はあれだ・・」と半ば確信してたのです・・。

       

 

  • 21. 21st Century Schizoid Man
    アンコールは期待に答えてこれです・・なんですか今夜のこのセットリスト(笑)この曲も何も言うことはありません。最高でした ヾ(。>﹏<。)ノ゙

     

    フリップ先生は北海道は滅多に来れない別の国みたいなもので、もう最後かもしれないと分かってくれてたのでしょうか・・ チケット代 2 万円とか安すぎたくらいでした!

    でも当たり前のように例のパートもバッチリ合わせる異常な演奏能力のバンドに、よくわからない拍子にちゃんと頭を振る観客のおじさん達 ಠ_ಠ
    年期の入ったプログレ好きはこういうことができるのか、と関心しました ヽ(´ー`)ノ

 

バンドとメンバーについての所感

ポール・マッカートニーのライヴと比較すると、なんというかプロフェッショナリズムのベクトルがキング・クリムゾンは違ってました。クリムゾンは演奏のみでファンサービスの極限、でも座って聴け、黙って聴け、みたいな(笑)
ポールは一緒に歌って踊る感じでしたねー。

ステージの様子を観てると、マステロットおじさんはしっかり全体を見ながら演奏してる感じがありました。マステロット、トニー、フリップ先生の3人で全体を見張りながらまとめてた印象です。
そしてメル・コリンズは見張りの目を盗んでは楽器を持ち上げてアピールしてる感じでした ಠ_ಠ

かな子の中ではマステロットおじさんの評価が上がりました。演奏中にスティックと飛ばしてしまって、しかもよりによってトリプル・ドラムが目立つ曲でやっちゃって、「あああ(笑)」みたいな顔してました。マシーンのような人たちに囲まれていても人間性を失わない人なんだと見直しました (ΦωΦ)

フリップ先生は思ってたよりずっとピッキング強めなのかな。音絞ってるときにピッキングの音が聴こえたよ 😆でもワウ踏む足くらいしか動かなかったから、やっぱりあの人マシーンなんじゃないかな・・。

最後の撮影タイムですが、かな子はへちょいからモタモタしてしまって、皆さんお帰りになった後のステージしか写真撮れませんでした ಠ_ಠ

 

 


King Crimson 「Live in Vienna 2016」

 

キング・クリムゾン、2016 年ウィーンでの記録

ロックなのにわりと PDCA サイクルができているクリムゾンなので、ライヴ盤をつくるためのライヴではなくて、単にその時その時の記録って感じが強いですねー。そしてその記録は発売される頃には発展途上の記録になっているという・・まあとても良いことだとは思いますけどね (*´∀`*)

ちょっと資料が見当たらずはっきりしないのですが、この頃はまだトリプル・ドラム 7 人編成の時代でしょうかね?聴いているとドラムが 3 つもあるにも関わらず音が軽く聴こえるのですが、これは録音のせいなのかアレンジのせいなのか ಠ_ಠ

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-King Crimson

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

King Crimson 「Live in Vienna 2016」(その 3)

こんにちは!かな子です。 今朝はコーヒーをドリップ中にドリッパーをぶつけて大惨事でした ಠ_ಠ コーヒーフィルター内の湿ったコーヒー豆が床に散らばって悲惨です ಠ_ಠ とりあえずやけどしなくて良かった …

King Crimson 「Live in Vienna 2016」(その 1)

こんにちは!かな子です。 この前透明なミルクティーに挑戦したのですが、ちょっと変わった味でした ಠ_ಠ あれなら普通の透明じゃないのがいいな ಠ_ಠ 気になっているのはフォションのミルクティーですけど …

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 6)

こんにちは!かな子です。 明日は大学に行く予定です。 結局 1週間近く活動停止してましたね・・ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 明日は大学・・ああ・・(面倒になってる) ※ 本記事は 2016 年 12 …

ProjeKct Three 「Masque」

こんにちは!かな子です。 今日は天気予報に傘マークなんてなかったのに雨が降ってる感じです ಠ_ಠ そして風もあるから結構横殴り系のお天気 ಠ_ಠ 気温も低いのでどうしたもんでしょうね ಠ_ಠ 今日はお …

King Crimson 「In The Wake Of Poseidon(ポセイドンのめざめ)」

こんにちは!かな子です。 なんかじわじわと暑い感じの日が増えてきました ಠ_ಠ かな子は寒いの駄目なんですけど暑いのも駄目です ಠ_ಠ ちょっと色々忙しい日も続いていて、なかなか記事も書けず再掲載でお …