かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

King Crimson

King Crimson 「Live in Vienna 2016」(その 3)

投稿日:

こんにちは!かな子です。
今朝はコーヒーをドリップ中にドリッパーをぶつけて大惨事でした ಠ_ಠ
コーヒーフィルター内の湿ったコーヒー豆が床に散らばって悲惨です ಠ_ಠ
とりあえずやけどしなくて良かったです ಠ_ಠ

 

 

King Crimson 「Live in Vienna 2016」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、キング・クリムゾンの「Live in Vienna 2016」です!
ジャケットは、フリップ先生の後ろに誰かいるよ! :(;゙゚’ω゚’): と思ってよく見たら鏡でした。

3 枚組で、今回はその 3 枚目です (@_@;) 1 枚目はこちらで、2 枚目はこちらです!


キング・クリムゾン、2015 年日本での記録

これは「Live in Vienna」のボーナス・ディスクで、2015年に来日した際のライヴです (*゚▽゚*)
なんだかよくわからない販促ですけど、まあ別々に売り出されるよりはいいと思います・・ಠ_ಠ
収録日時はこんな感じ・・実際に観に行かれた方はそのライヴって収録されてますか? (*´∀`*)

12月7日 東京・渋谷オーチャードホール
12月8日 東京・渋谷オーチャードホール
12月9日 東京・渋谷オーチャードホール
12月10日 東京・渋谷オーチャードホール
12月12日 大阪・フェスティバルホール
12月13日 大阪・フェスティバルホール
12月16日 東京・渋谷オーチャードホール
12月17日 東京・渋谷オーチャード・ホール
12月19日 高松・サンポートホール
12月21日 名古屋・センチュリーホール

てゆか、この人たち結構長い期間日本にいたのね?

そして Spotify にはキング・クリムゾン関連の音源はありません ಠ_ಠ

 

 

3-1 Walk On: Soundscape
3-2 Larks’ Tongues in Aspic Part One
3-3 One More Red Nightmare
3-4 A Scarcity Of Miracles
3-5 Banshee Legs Bell Hassle
3-6 Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)
3-7 Radical Action II
3-8 Peace (In Japanese)
3-9 The Talking Drum
3-10 21st Century Schizoid Man

  • 3-1 Walk On: Soundscape (12月7日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
    なんですかこれ(笑)公演に先立っての持ち込み物や携帯などの注意事項のアナウンスです・・更には「トニー・レヴィンがカメラを持ち出したら写真を撮っても構いません」と・・(笑)終わるといつもの不穏な「キング・クリムゾン御一行様」の音出しです。なおこの曲?だけ音が小さいのでここでうかつな音量調整をすると困ったことになりますよ ヽ(´ー`)ノ

 

  • 3-2 Larks’ Tongues in Aspic Part One (12月7日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
    例のガムランのような音で開始です (*゚▽゚*) 映像がないので分かりかねますが、V-Drums やサンプラーと生楽器を併用してるのかな?って感じです。全体的に「この編成でのパート 1」と言われて納得できる感じですねー。音の厚みに欠けるところはありますけど、その分トリプル・ドラムが別の魅力を出してます (*´∀`*) 

 

  • 3-3 One More Red Nightmare (12月8日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
    この曲はこの編成でだいぶこなれてきている感じがありますね。妙なタイミングでサックスが入ったりしてますけど(笑)それ以外はまあ普通かな・・特別良い驚きもありませんが失望ってことでもないという (ΦωΦ)

 

  • 3-4 A Scarcity Of Miracles (12月9日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
    「A Scarcity Of Miracles」ってアルバムの位置づけがどうにもわからないのですが、ここで言うとこのキング・クリムゾン・プロジェクトって何なんでしょうね・・。曲自体はわりと良い曲ですが、あんまりクリムゾンっぽくないんですよねー。でもクリムゾンのライヴで演奏するんですねー。なんなの・・ (ΦωΦ)

 

  • 3-5 Banshee Legs Bell Hassle (12月10日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
    短いパーカッション曲です。アフロとかではわりと聴くパーカッション・アンサンブルですけど、これトリプル・ドラムで聴いてみたいですねー。映像だけでも公開してくれませんかね。”Larks’ Tongues in Aspic Part One” みたいな感じで V-Drums やサンプラーと生楽器を併用してるのかなあ・・憶測ですが(笑)

 

  • 3-6 Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind) (12月12日 大阪・フェスティバルホール)
    この曲もクリムゾンお得意の同じ音型を繰り返してじわじわと煽っていく感じの曲です。ここでは特に編成上の問題を感じさせるようなところはありません。それなりに厚みもあって、トリプル・ドラムも巧く機能していて、メル・コリンズの笛が浮くこともないです(笑)

 

  • 3-7 Meltdown (12月12日 大阪・フェスティバル・ホール)
    80 年代型クリムゾンにあったような、クリーンなギターの普通じゃないアルペジオに支配された曲です。メル・コリンズのサックスも悪くないですし、サックスがどーんと前に出ている時にドラムが 3 台鳴ってもごちゃごちゃにならないのはさすがです。色々試しつつアレンジを改良していってるのでしょうね。

 

  • 3-8 Radical Action II (12月13日 大阪・フェスティバル・ホール)
    トニー・レヴィンなら頑張ればベース 2 本くらい同時に弾けそうなのでやってください ヽ(´ー`)ノ やっぱりダブル・トリオの頃のほうが音圧というか壁があって良かった部分があるなあと思います。トリプル・ドラム自体は悪くないのでどうか弦楽器を増やす方向で考えてはいただけないでしょうか・・ (*´∀`*)

 

  • 3-9 Peace (In Japanese) (12月16日 東京・渋谷オーチャード・ホール)
    日本語を交えての “Peace” です。日本語の歌詞は誰が考えたのでしょうね。そして日本語で歌われるとまるで君が代です(笑)フリップ先生日本の国歌パクって作ったんですかーって感じです(笑)

 

  • 3-10 The Talking Drum (12月19日 高松・サンポート・ホール)
    オリジナルと違うドラムの音や、主役級に前に出てくるサックスの音のせいか結構新鮮なトーキング・ドラムです!演奏時間は短めで、「おお、悪くないぞー」と思ってたら 21 世紀になってました (*´∀`*)

 

  • 3-11 21st Century Schizoid Man (12月21日 名古屋・国際会議場センチュリー・ホール)
    ちょっと遅めのテンポで、そのぶんドラム多めで破壊力のある演奏です。フリップ先生のピッチシフターをかけたソロがかっこいいです (*゚▽゚*)
    メル・コリンズのソロも全然悪くはないのですけどちょっと冗長かな・・その後始まるドラム隊のソロは良いです!正直ドラム隊、ライヴで一番頑張ってる部分なのでは・・(笑)

 

  • 3-12 Island (2017/6/28 ライブ・イン・シカゴ)
    これはボーナス曲扱いで日本の公演ではなくシカゴのライヴです。「Live in Vienna」のボーナス・ディスクに「Live in Japan」付けてそのボーナス曲にシカゴのライヴ、ということです。なんなの・・ಠ_ಠ でも待ってください、この音源 2017 年のやつですよ。ドラム・カルテットです!!でもここではドラムのうち 2 人が鍵盤を兼務して演奏しているみたいです。かな子的にはどうせならドラム 4 台でどっかんどっかん叩いてるところ聴きたかったのですけどね・・出し惜しみされてるんでしょうかね ಠ_ಠ 内容的にはなかなか悪くないのでドラム・カルテットも音源を期待しつつ待つことにします。

 

 

King Crimson 「Larks’ Tongues in Aspic(太陽と戦慄)」


このアルバムはキング・クリムゾンとして最高レベルの 1 枚だと思います。非常に水準が高い曲が並んでいて、それでいてとてもキャッチーなところがありますよね (*´∀`*)

King Crimson 「Larks’ Tongues in Aspic(太陽と戦慄)」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-King Crimson

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ProjeKct X 「Heaven and Earth」

こんにちは!かな子です。 札幌はついに昨日初雪でした ಠ_ಠ でも今日はわりと気温が上がりました ಠ_ಠ 月末の天気予報にまた雪マークが付いてます ಠ_ಠ でもまあ、来月ったら 11 月ですからね。冬 …

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 4)

こんにちは!かな子です。 なにか休みグセが出てきて、既に明日のバイトが面倒になってきました (`°ω°´) なんとか「心にクリムゾン・キング」という感じで頑張りたいです (ΦωΦ) ※ 本記事は 20 …

King Crimson 「The Elements: 2016 Tour Box」(その 1)

こんにちは!かな子です。 今日は 2017 年初バイトでしたよ ( 〃▽〃) 短い時間でしたが、妙に疲れたし妙にお腹空いちゃいました! なんか血糖値下がって手が震える感じで、帰りも無事家までたどり着け …

King Crimson 「Starless And Bible Black (40th Anniversary Edition)」

こんにちは!かな子です。 かな子ゲームはあまりしないのですが、お友達にゲーム好きな子がいて、話だけはたまに耳にします。 その子 VR のバイオハザードを買ったらしいのですが、「なんで私高いお金出してこ …

King Crimson 「Discipline(ディシプリン)」

こんにちは!かな子です。 お友達になんでか注射が凄く好きな人がいて (ΦωΦ) さっき LINE で「朝からインフルエンザワクチンに行って来た」って喜びの報告をしてきました・・(ΦωΦ) そのお友達は …