かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

King Crimson

King Crimson 「Islands」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
北海道としては異常な暑さに連日やられてます ಠ_ಠ
今世紀最高の暑さとかテレビでやってました ಠ_ಠ
「なんだそれもうだめだ!」って思いましたけど、冷静に考えたら今世紀ってまだ 17 年しか無いですよね ಠ_ಠ
脅かすようなことを言われて余計暑くなりました ಠ_ಠ

 

 

King Crimson 「Islands」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、キング・クリムゾンの「Islands」です!
ジャケットは、美しい宇宙です!こういうセンスでずっと続けてたら良かったのに、なんで最近のはヘタウマ謎絵画ジャケなの、ロバート・フリップ先生・・。


第 1 期クリムゾンの終焉に立ち会う 1971 年の作品

ジャケットの宇宙は「いて座三裂星雲」というそうです。綺麗ですね (*゚▽゚*)
この綺麗だけど冷たい静寂の中に吸い込まれていくようなアルバムですー。

アルバム全篇に弦楽器と管楽器が多用されていて、こんなアルバムはクリムゾンの全作品の中でもこれだけかもしれないですねー。
そして最後の曲「アイランズ」の静けさに向けて淡々と進む感じもまた独特です (*゚▽゚*)

参加メンバーはこんな感じです。

King Crimson
Robert Fripp – guitar, mellotron, harmonium (6), sundry implements, production
Peter Sinfield – words, sounds and visions, cover design and painting, production
Mel Collins – saxophones, flute, bass flute (6), backing vocals, production
Ian Wallace – drums, percussion, backing vocals, production
Boz Burrell (credited as “Boz”) – bass, lead vocals, choreography, production

Additional personnel
Paulina Lucas – soprano vocals (1)
Keith Tippett – piano
Robin Miller – oboe
Mark Charig – cornet
Harry Miller – double bass (1, 6)
Uncredited musicians – strings (5, 6)

“Uncredited musicians” って・・。フリップ先生が二束三文で雇ってきたのでしょうか・・。

例によって Spotify にキング・クリムゾンのアルバムはございません ಠ_ಠ

 

1. “Formentera Lady” 10:18
2. “Sailor’s Tale” (instrumental) 7:29
3. “The Letters” 4:28
4. “Ladies of the Road” 5:31
5. “Prelude: Song of the Gulls” (instrumental) 4:14
6. “Islands” 9:15
7. Untitled (hidden track, begins one minute after Islands ends) 1:36

  • 1. “Formentera Lady”
    わりと穏やかにまったりと進む良曲です。でもこの調子で 10 分は長いかな ಠ_ಠ キース・ティペットのピアノも自由な感じで良いですし、巧いんだか下手なんだかよくわからないハリー・ミラーのベースも良い味わいだと思います(笑)そして後半に入ってくるポリーナ・ルーカスのボーカルがちょっと怖いです ಠ_ಠ

 

  • 2. “Sailor’s Tale” (instrumental)
    冒頭のシンバルがかっこいいですね (*゚▽゚*) 6/8 拍子でしょうかね。破壊的でヘヴィでかっこいいです!次のアルバムが「Larks’ Tongues in Aspic(太陽と戦慄)」なわけですが、この曲って発展させていくと太陽と戦慄パート 1 になりそうな感じです。

 

  • 3. “The Letters”
    哀愁漂う感じでスタートしますが、すぐに暴力的なアレンジになりますよー。とてもダイナミクスの大きい演奏で劇的な演出を狙ってるのでしょうかね。メロディも実はなかなか綺麗なんですけど、それらの要素を持っていながらなんか地味なんですよねー(個人の見解です)

 

  • 4. “Ladies of the Road”
    この曲ってそんなによく言われるように歪んだポップでしょうかね・・?わりと普通の曲だと思うのですけど・・。なんか聴き方が甘いのかなあ。かな子的には嫌いじゃないけど特別に好きなわけでもない、そんな曲です。

 

  • 5. “Prelude: Song of the Gulls” (instrumental)
    クラシックの室内楽的なインストゥルメンタル曲です。このアルバムはここまで地味に重たいので、ふっと救われる感じになりますよ・・別にここまでが嫌いなわけでは全然ないのですけど(笑)内容的にはオーボエ、コルネット、ストリングスが基本の穏やかで優しげな小品です。なんならこの曲で終わってもいいんじゃないの・・なんて思ってると最後に「アイランズ」が待ち受けてます (*゚▽゚*)

 

  • 6. “Islands”
    この曲もオーボエ、コルネット、ストリングスが基本になってる感じです。メロディが美しくて、なるほどこれを最後に持ってきたんだなって感じです (*゚▽゚*) ボロンポロンと繊細に弾いてるかのようで時折狂うピアノもとても良いです。全体的にシンフォニックというにはこじんまりと繊細な感じで、こういうのは今のとこクリムゾンの歴史で最後なんじゃないでしょうかね・・。第 1 期クリムゾンの終焉を象徴するかのように静寂に消え入るこの作風でまた演って欲しいですけど、フリップ先生に「よし、ドラム 5 台でアイランズだ」とか狂ったこと言われそうでそれも嫌ですね・・ ಠ_ಠ

 

  • 7. Untitled (hidden track, begins one minute after Islands ends)
    これは別に曲でもなんでもなくて(笑)ただの音出し、音合わせです。おまけみたいな感覚で付けたのかな (*゚▽゚*)

 

 

King Crimson 「Lizard」


ほんとか嘘かわかりませんが、ロバート・フリップはこのアルバムについて「何度も聴き続ければ 24 回目には打ちのめされる様につくってある」と言ったそうです。まあいつもの屁理屈だと思うので適当に流しますが(笑)、たしかに一聴するととっつきは悪いというか、大人しく地味な印象で終わってしまうかもしれないですねー。

King Crimson 「Lizard」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-King Crimson

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

King Crimson 「Live in Vienna 2016」(その 1)

こんにちは!かな子です。 この前透明なミルクティーに挑戦したのですが、ちょっと変わった味でした ಠ_ಠ あれなら普通の透明じゃないのがいいな ಠ_ಠ 気になっているのはフォションのミルクティーですけど …

V.A. 「The Many Faces Of King Crimson」(その 3)

こんにちは!かな子です。 今日はおうし座流星群が見れるのかー。と思ってたら昨日の話でした (´・ω・`) 完全に自分の勘違いのせいなんですけど残念な気持ちになったので、気分を変えたくて美容院に行きまし …

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 4)

こんにちは!かな子です。 なにか休みグセが出てきて、既に明日のバイトが面倒になってきました (`°ω°´) なんとか「心にクリムゾン・キング」という感じで頑張りたいです (ΦωΦ) ※ 本記事は 20 …

V.A. 「The Many Faces Of King Crimson」(その 2)

こんにちは!かな子です。 最近はコンビニでジンジャエールのグミをよく買ってます。  あの硬さちょうど良い感じですね (*´∀`*) そして今気づいたのですが、かな子バイト代の結構な部分をお菓子に使って …

King Crimson 「Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind」(その 3)

こんにちは!かな子です。 シャービックが好きでたまに作るのですけど、実は凄い昔からある商品だって聞いてちょっと驚きました(笑) ロングセラーなんですね °˖✧︎◝︎(⁰▿︎⁰)◜︎✧︎˖°    ※ …