かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

King Crimson

King Crimson 「Beat」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
連日異常な暑さだった札幌も、今日は予想で 27 度です ಠ_ಠ
そして大雨だそうです。ಠ_ಠ
でも朝からずいぶん涼しく感じて、これって飼いならされたってやつでしょうかね ಠ_ಠ
27 度って本来道民のデッドライン越えてますからね ಠ_ಠ

 

 

King Crimson 「Beat」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのはキング・クリムゾンの「Beat」です!
ジャケットは、好意的に言うと「ちょっとかわいい」です。正直に言うと「これでいいのかクリムゾン」です ಠ_ಠ


1982 年に発表された、クリムゾン史上初めて前作と同メンバーで制作された作品

「ディシプリン」の流れでこのアルバムになっているのは確かですが、前作ほど緻密にガチガチに組み上げている感じはしないですねー。
完全に意図的に、もっとゆとりをもってフリーに領域も残している感じです。

マニアの方々から軽視される 80 年代型クリムゾンの 3 作品の中でも特に評価が低いっぽいアルバムですけど(笑)そのわりにライヴでも演奏される曲も多いですよね (*゚▽゚*)

いつものように、Spotify にはクリムゾンのアルバムが無いのです ಠ_ಠ

 

 

1. “Neal and Jack and Me” 4:22
2. “Heartbeat” 3:54
3. “Sartori in Tangier” (instrumental) 3:34
4. “Waiting Man” 4:27
5. “Neurotica” 4:48
6. “Two Hands” 3:23
7. “The Howler” 4:13
8. “Requiem” (instrumental) 6:48

  • 1. “Neal and Jack and Me”
    まず冒頭のギターの音色が好きですねー。2 本のギターを絡めて、ドラムと共に複雑なリズムをつくる手法は前作の延長線です (*゚▽゚*) 同時に妙にポップなところがおもしろいです。かな子はわりとこの曲好きです。

  • 2. “Heartbeat”
    聴きやすいけどクリムゾンの曲としてはちょっと練り込みが甘いというか安っぽいというか・・。(個人の見解です)ギター・ソロの逆回転も効果的なんだか適当なんだか微妙な気がします。ドラムは良いですね。このドラムが無ければ完全な駄曲になってた気がします ಠ_ಠ

 

  • 3. “Sartori in Tangier” (instrumental)
    この非常に目立ってるベースはトニー・レヴィンのスティックですね (*゚▽゚*) ハモンド・オルガンはロバート・フリップ先生が弾いてるみたいです。今となってはちょっとチープに聴こえるギター・シンセの音はエイドリアン・ブリューでしょうか。なんとも聴かせたいポイントがはっきりしない感じの曲ですけど、この曲の場合はそれを狙ってるような感じもして微妙に判断に困ります(笑)

 

  • 4. “Waiting Man”
    イントロから聴こえる無機質フレーズのギターとパーカッションの組み合わせがかっこいいと思いますよ!80 年代型クリムゾンも全然おかしくないです。たぶんブリューが弾いてるわけわかんないギター・ソロはおかしいですけど・・(笑)あとこの曲ではパーカッションにシモンズが使われてます。でもなんでシモンズだと良くて V-Drums だと「脱退だ!」ってなるのかなー ಠ_ಠ

 

  • 5. “Neurotica”
    なんだか混沌としたやかましい曲です(笑)でもちゃんと聴くと色々な要素が詰め込まれているので、落ち着いて個別のパートに耳を傾けると良いと思います (*゚▽゚*) Bメロ?ではうって変わって緻密なアンサンブルを聴かせるあたりも完全に狙ってこう作ってるんだなーって感じです。

 

  • 6. “Two Hands”
    一聴すると奇妙なエスニック感のある曲ですが、正体はシンプルなポップ・ソングですよね。ギター・シンセによるソロはこの曲に合っていて効果的だと思います (*゚▽゚*) 妙にゆったりとした面白い曲だと思いますけど、それ以上のものでもないかな・・(個人の見解です)

 

  • 7. “The Howler”
    5 拍子から 7 拍子へ変化しながら進む曲です。要所要所でギターがキャッチーなフレーズを聴かせるのも計算なんでしょうね (*゚▽゚*)

 

  • 8. “Requiem” (instrumental)
    フリップ先生はどこに行こうとしているのか、クリムゾンの意味不明インプロ曲の中でも指折りに変なんじゃないでしょうか (*´∀`*) でも不思議と聴いていて面白いというか、興味深いところがあります・・クリムゾンの意味不明インプロ曲としてはの話ですが・・(笑)この曲ではわりとみんなそれぞれの持ち味を出しているところがポイントですよ。特にエイドリアン・ブリューのギターはノイズを非常に巧くコントロールして素晴らしい味付けをしていると思います!

 

 

King Crimson 「Discipline(ディシプリン)」


エイドリアン・ブリューの声も慣れたと思ったの最近はまたボーカルが違うキング・クリムゾンですが、かな子は 80 年代式クリムゾン全然嫌いじゃないですよ (`°ω°´)

トニー・レヴィンのチャップマン・スティックが入ってきたのもこのアルバムからでしょうかね。かな子もスティックとかウォー・ギターは興味あるんですよね・・。実物は 1 回しか見たことないですけど (`°ω°´)

King Crimson 「Discipline(ディシプリン)」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-King Crimson

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 6)

こんにちは!かな子です。 明日は大学に行く予定です。 結局 1週間近く活動停止してましたね・・ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 明日は大学・・ああ・・(面倒になってる) ※ 本記事は 2016 年 12 …

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 3)

こんにちは!かな子です。 明日はバイト行けそうです! ってゆーか行かなきゃお小遣いもままならない (´~`) かな子買い食い多いよなあと思いながらコンビニでなんかかんか買ってますからね・・ (。゚ω゚ …

ProjeKct Three 「Masque」

こんにちは!かな子です。 今日は天気予報に傘マークなんてなかったのに雨が降ってる感じです ಠ_ಠ そして風もあるから結構横殴り系のお天気 ಠ_ಠ 気温も低いのでどうしたもんでしょうね ಠ_ಠ 今日はお …

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 1)

こんにちは!かな子です。 風邪と急性気管支炎まだ引きずってます・・。 活動はできるけど長時間は無理だなあという感じで、今日明日のバイトもお休みです >< ※ 本記事は 2016 年 12 月 10 日 …

ProjeKct Four 「West Coast Live」

こんにちは!かな子です。 今日から三連休なわけですが、朝に予想した通り雨です ಠ_ಠ ぐずついた天気というよりは結構ざーざー降ってました ಠ_ಠ そういえばマックの新商品・・ヘーホンホヘホハイ気になっ …