かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Jimi Hendrix Johnny Winter

Jimi Hendrix 「Both Sides of the Sky」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
忙しくて更新頻度がぐっと下がってますが・・ಠ_ಠ
前回の更新からもう1ヶ月以上たつじゃないですか!
これはいかんと思いまして、今日書きました・・ಠ_ಠ
4 月はもうちょっとなんとかしたいです ( *>ᴗ<*)

 

 

Jimi Hendrix 「Both Sides of the Sky」

ここでお歌の時間です。
今回かな子がお父さんのCD棚からもってきたのは、ジミ・ヘンドリクスの「Both Sides of the Sky」です!
ジャケットは、ジミ・ヘンドリクスの顔です・・とくにそれ以外の感想もなく・・(笑)

ジミ・ヘンドリクスの天才を再認識するロックの遺産

1942- 1970 年の未発表音源を含む音源集ですね。
なので「Valleys of Neptune(2010)」「People, Hell and Angels(2013)」の続きもの?ってことになるのかな?
参加してた人たちはこんな感じですよ (˶˚  ᗨ ˚˶)

Jimi Hendrix – guitar, vocals
Billy Cox – bass guitar
Buddy Miles – drums
Mitch Mitchell – drums
Noel Redding – bass guitar
Stephen Stills – vocals and organ on tracks 5 and 11[2]
Johnny Winter – guitar on track 8
Lonnie Youngblood – vocals and saxophone on track 9

かな子的にはジョニー・ウィンターが嬉しかったし、かっこよかったです!

Spotify のプレイリストも更新済みです ( *>ᴗ<*)

 

 

1. “Mannish Boy” Muddy Waters 5:01
2. “Lover Man” 3:05
3. “Hear My Train A Comin'” 7:26
4. “Stepping Stone” 3:12
5. “$20 Fine” Stephen Stills 4:59
6. “Power of Soul” 5:55
7. “Jungle” 3:28
8. “Things I Used to Do” Guitar Slim 3:41
9. “Georgia Blues” 7:55
10. “Sweet Angel” 3:54
11. “Woodstock” Joni Mitchell 5:19
12. “Send My Love to Linda” 4:36
13. “Cherokee Mist” 7:01

  • 1. Mannish Boy
    吠えるようでいて軽くウォーミングアップするようなブルースでスタートです ❀.(*´▽`*)❀.  Band of Gypsys の頃に最初に録音された曲とのことです。リード・ギターとユニゾンして歌うヘンドリクス、やっぱりかっこいいですね!ギターの音色もラフで適当で(笑)でもすごくかっこいいんですよねー。こういうことを簡単にできるのがヘンドリクスの凄みの 1 つですよね (˶˚  ᗨ ˚˶)

 

  • 2. Lover Man
    これは 1967 年のモンタレー・ポップ・フェスティバルの “Rock Me Baby” のアレンジで歌詞だけ変えた 1969 年バージョンって感じでしょうか・・。なのでそういう意味では新鮮味ゼロです(笑)ギターの音色が少しこもってモーモー言ってるとこがまたかっこいいです ( *>ᴗ<*) 全体的にヘンドリクスとしてはきっちりしたリズムで弾いてる印象でした。

 

  • 3. Hear My Train A Comin’
    こうして聴いてみると “Voodoo Chile” 的というか、結構そのまんまですね(笑)でも重たく弦を揺らせてるようでいて空を飛んでるような、さすがの演奏です!この録音のとき、わりと調子良かったのでしょうかね。なんで整理してリリースしなかったんだろうって出来だと思います ❀.(*´▽`*)❀.

     
  • 4. Stepping Stone
    これは悪くはないけど微妙な感じ(笑)ちょっとコミカルなような、軽いような・・せわしなくて、ヘンドリクスの歌もいつも以上にイマイチ ಠ_ಠ アップテンポでがんがん来るのが好きな人には良いかもしれません・・かな子はまだまだ理解が足りないようです。

 

  • 5. $20 Fine
    前曲から一転してこれはいい出来ですね ( *´︶`*) スティーブン・スティルス(Stephen Stills)がボーカルとオルガンで、ヘンドリクスはギターを弾いているだけです。わりと Crosby Stills Nash and Young の演奏に近い感じかなー。まあ曲自体はちょっと退屈なんですけど、演奏してる人たちの力で叩き込んでる感じです。ヘンドリクスはバックにまわっても強烈に上手いし印象的でいて邪魔をしない演奏をしますね!

 

  • 6. Power of Soul
    これはフィルモア・イーストのライヴでも演奏されていたやつですね!かな子的にはライヴ版のほうが好きですけど、このスタジオ版も悪くないです。ライヴ版よりはファンク具合が抑えられていて、じっくり聴かせるほうに向かっている感じでしょうかねー。ギターは音色を変えてオーバーダブされていて、そこもまた完成度に寄与してます ❀.(*´▽`*)❀.

 

  • 7. Jungle
    この曲はインストゥルメンタル曲です。ヘンドリクスと バディ・マイルス (Buddy Miles) だけの、ギターとドラムのみのセッションです。地味と言えば地味なんですけど、スケッチみたいなものですから、まあこんなものでしょうね。でもそれなりにかっこいいのはさすがです (˶˚  ᗨ ˚˶)

 

  • 8. Things I Used to Do
    この曲ジョニー・ウィンター (Johnny Winter) が参加ですよ!やっぱり素晴らしいスライドです (˶˚  ᗨ ˚˶) とてもルーズで実にブルースな感じですねー。こういうルーズさは本当にかっこいいと思います。ヘンドリクスはインスピレーションを求めてたのでしょうかね、こういう名のあるミュージシャンとのセッションそれなりにありますよね。これからも発掘されそうで楽しみです!

 

  • 9. Georgia Blues
    これまたかっこいいブルースが続きます (๑>◡<๑) ロニー・ヤングブラッド (Lonnie Youngblood) 歌とサックスです。コード進行はストーミー・マンデーですね! ロニー・ヤングブラッドは力が入っていて熱演だと思いますがあまり目立たないです(笑)ヘンドリクスの神がかったバッキングと、変化に富んだ素晴らしいソロのせいでしょうかね。完全にヘンドリクスにお呼ばれしてちょっと演ってるだけみたいな感じになっちゃってます (꒪⌓꒪)

 

  • 10. Sweet Angel
    ちょっと奇妙で美しくて非常にヘンドリクスっぽい感じのインストゥルメンタル曲です (˶˚  ᗨ ˚˶) ミッチ・ミッチェル (Mitch Mitchell) のドラムを除いてあとは全部ヘンドリクスです。ギターもベースもヴィブラフォンもヘンドリクスです。ギターの音色が素晴らしいですね。実にかっこいいです!

 

  • 11. Woodstock

    これは “$20 Fine” と同じ日の録音で、スティーブン・スティルス(Stephen Stills)がボーカルとオルガンです。ジョニ・ミッチェル (Joni Mitchell) の有名な曲ですね。Crosby, Stills, Nash & Youngの「Deja Vu」にも入ってます。でもかな子的にはヘンドリクスが自由にベース弾いてるなあって思った程度で、特に良いとも悪いとも・・。たぶん凄い有名な曲だからカバーですーって感じにしか聴こえないのかもしれないなー(笑)(個人の見解です)

 

  • 12. Send My Love to Linda
    イントロのギターの音色とフレーズでいきなり注目しちゃいますね (*´∀`*) 妙な感じのスタートですが、じわじわと盛り上がっていき・・そしてこの盛り上がりがヘンドリクスのギターだけで作り出されていくのが強烈です!半分を越えたあたりでドラムとベースが入ってきてより一層引き込まれます。非常に素晴らしいソロだと思うのですけど途中でフェード・アウトしちゃうのが残念です ಠ_ಠ

 

  • 13. Cherokee Mist
    これ、不安定でもこもこしてて面白いしかっこいいとかな子は思いましたよー。でも意味不明なインストゥルメンタル曲にしか思えない人も普通にいると思います・・。ここではヘンドリクスがギターとシタールを弾いているみたいです!シタールの演奏の録音が残ってたんですねー。中盤はジミー・ペイジ大先生の適当テルミンみたいな音のフィードバックを撒き散らして、ふにゃふにゃもにゃもにゃした感じの曲になっていきます・・ ( *´ᗜ`*)

 

Johnny Winter 「Live Bootleg Series Vol. 13」


レア&未発表ライヴ音源を発掘するオフィシャル・ブートレグ・シリーズの第 13 弾

ジョニー・ウインターってやっぱりファイアバードのイメージですよね。凄い弾きづらそうなギターですけど(笑)でも 1本欲しいですねー。 
ちょこっと使う人はいますけど、メインにしてるような人って他にいるのでしょうかね・・?
そういえばウォーレン・ヘインズはノンリバースのファイアバード、結構使ってましたね・・。 

Johnny Winter 「Live Bootleg Series Vol. 13」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Jimi Hendrix, Johnny Winter

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

The Jimi Hendrix Experience 「Electric Ladyland」

こんにちは!かな子です。 「1日寝てた」なんて言うとお友達は「もったいない」「無駄にした」みたいなこと言うのですが、 かな子的には実に有意義な感じなんですけどねー ಠ_ಠ せめて無駄にしないためにもテ …

The Jimi Hendrix Experience 「Are You Experienced?」

こんにちは!かな子です。 今日は朝から雪が降ったりやんだり、しかもそれなりに積もってもういいよーって感じです >< 天気が好転したらマツエクか美容室かに行こうと思っていたのですが、結局タイミングを逃し …

The Jimi Hendrix Experience 「Axis: Bold As Love」

こんにちは!かな子です。 今日はバイトの日でしたが、お外寒かったです >< 昨日は七草粥を食べる日のはずですが、食べませんでした (´°‐°`) ひょっとしたら 1 度も食べたことないんじゃないでしょ …

Bob Dylan 「The 30th Anniversary Concert Celebration」(その 1)

こんにちは!かな子です。 抗生剤を飲みきったので期待していたのですが、まだ今日も手足が痒くてたまらない時がありますよ。かなりマシにはなっているのですけどね。 ※ 本記事は 2016 年 10 月 14 …

Johnny Winter 「Live Bootleg Series Vol. 13」

こんにちは!かな子です。 かな子は今日とてもピンチでした。 買ったばかりの白いセーターにミートソースがはねました :(;゙゚’ω゚’): これ落ちるのかな・・と思いつつ、とりあ …