かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Emerson, Lake & Palmer Greg Lake

Emerson, Lake & Palmer 「Tarkus(タルカス)」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
病状は未だ思うように回復せず、本日も静養です ><
あれこれ動いたりするのが厳しいってだけで、ブログ書く程度には大丈夫なところがまた微妙です (ΦωΦ)

※ 本記事は 2016 年 12 月 9 日の記事に加筆・訂正したものです。

 

 

Emerson, Lake & Palmer 「Tarkus(タルカス)」

お歌のお時間です。
今回かな子がお父さんのレコード棚から持ち出したのは、エマーソン・レイク&パーマーの「Tarkus(タルカス)」です!
ジャケットは「ぼくがかんがえたさいきょうのかいじゅう」です。 まあ、インパクトはあるかもです・・。


20 分を超えるタイトル曲が存在感を放つ 1971 年の 2nd アルバム

昨晩グレッグ・レイク死去という衝撃的なニュースが来ましたね・・。
かな子はグレッグ・レイクの歌声はちょっと暑苦しくてアレと思ってましたけど、もう生きて歌う姿を見れないと思うと微妙な気持ちですね (´・ω・`)

このアルバムの内容というかコンセプトというかストーリーというか、悪い意味で衝撃的ですよ・・

怪獣タルカスがあらわれた
世界は滅亡する!
怪獣マンティコアがあらわれた
怪獣タルカスが海に帰った!
世界は助かった!

ハイレベルすぎてついて行けないですよ・・(´・ω・`) 当時はこれでも良かったのかな?

これで音楽がどうしようもなかったら笑い者になって終わったのでしょうけど、今度は良い意味で常軌を逸する出来だったものから、最終的にはプログレッシヴ・ロックを代表する 1枚にまでなったんでしょうね。

つまり結論としては音楽家は音楽で語れということでしょうかね・・? (ΦωΦ)

残念ながら Spotify にこのアルバムはありませんでした ಠ_ಠ

 

 

01. Tarkus
      – Eruption
      – Stones of Years
      – Iconoclast
      – Mass
      – Manticore
      – Battlefield
      – Aquatarkus
02. Jeremy Bender
03. Bitches Crystal
04. The Only Way (Hymn)
05. Infinite Space (Conclusion)
06. A Time and a Place
07. Are You Ready Eddy?

  • 01. Tarkus
    このテンションは凄いですよね!なんだかわからないけど複雑で荒ぶりっぱなし。そりゃあグレッグ・レイクも「こういうのはキミのソロでやりなよ」って言いますよ(笑)その他にも、これって下手するとシンセとドラムしか聴こえないじゃないかってヘソ曲げた可能性もあるように思えます (ΦωΦ)
    でも結局メンバー全員で力の限り演奏した感じで、そのせいか飲み込まれるような圧倒的な演奏ですよね!プログレッシヴ・ロックの代表曲の 1つと言っても過言ではないのではないのでしょうか (人´∀`).☆.。.:*・゚

  • 02. Jeremy Bender
    1曲目がタルカスのせいで、2曲目は既におまけそのものというか(笑)、当の本人たちもタルカスの後にどんな曲を入れたら良いのか悩んだだろうと思います (`°ω°´) そして結局諦めたんですね・・って感じです(笑)単品なら単に楽しげな小品で済んだのにねえ・・( `・∀・´)
  • 03. Bitches Crystal
    タルカスに続けるなら、明らかに 02 ではなく、この 03 だと思うのですけど、もうどうでも良かったのかなって感じです ( ゚д゚ ) わりと悪くない曲だと思うのですけど、このアルバムに入れちゃうと、どうしても見劣りしちゃいますね ><

  • 04. The Only Way (Hymn)
    かな子的には普通ですね。イントロにこういうオルガンを持ってくるだけで荘厳だとか言って思考停止して褒めちゃだめですよ (ヾノ・∀・`) 途中にバッハの平均律クラヴィーアを引用してますね!
  • 05. Infinite Space (Conclusion)
    これもわりとかっこいい曲ですよ!でもやっぱりこのアルバムに入ってるだけで目立たなくたりますよね。タルカスはそれだけ強烈な曲だということですね・・(`°ω°´)
  • 06. A Time and a Place
    わりとテンション高めのかっこいい系の曲です!ハード・ロック的ですね (*´ω`*) でもやっぱり目立たない・・ (´・ω・`)

  • 07. Are You Ready Eddy?
    この曲はねー。かな子この曲は駄目だと思いますよ(笑)あからさまな捨て曲じゃないですか ( ;∀;) タイトルもオヤジギャグって感じで最低です ( ;∀;) このアルバムもよく聴いてみると、タルカス以外も悪くはない曲が並んでるのに、最後のこのオヤジギャグで全部ぶち壊しですよ(笑)

 

 

Glenn Gould 「Bach: The Well-Tempered Clavier, Books I & II」


かな子グレン・グールド好きですよー。「タルカス」収録の “The Only Way (Hymn)” はバッハの「平均律クラヴィア曲集第1巻」の「前奏曲(プレリュード)とフーガ ニ短調 BWV851」の引用があります (*゚▽゚*)
Spotify のプレイリストに登録しました ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Emerson, Lake & Palmer, Greg Lake

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 5)

こんにちは!かな子です。 風邪も治ったっぽいし、今日はバイトいけるぞ!と思って出勤したら、かな子の思い違いで、そもそもバイトお休みの日でした・・。Σ(・∀・;) 仕方ないからそのまま帰って、今ブログを …

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 4)

こんにちは!かな子です。 なにか休みグセが出てきて、既に明日のバイトが面倒になってきました (`°ω°´) なんとか「心にクリムゾン・キング」という感じで頑張りたいです (ΦωΦ) ※ 本記事は 20 …

Emerson, Lake & Palmer 「Pictures at an Exhibition」

こんにちは!かな子です。 レモンを蜂蜜でつけました。すっぱいけど甘くて美味しいです ( =^ω^) 冬はこれを紅茶に入れて飲むのが最高です (*^^*) もちろんお外に出ないのが一番なのですけどね・・ …

King Crimson 「In The Wake Of Poseidon(ポセイドンのめざめ)」

こんにちは!かな子です。 なんかじわじわと暑い感じの日が増えてきました ಠ_ಠ かな子は寒いの駄目なんですけど暑いのも駄目です ಠ_ಠ ちょっと色々忙しい日も続いていて、なかなか記事も書けず再掲載でお …

King Crimson 「In the Court of the Crimson King (2009 40th Anniversary Edition)」(その 3)

こんにちは!かな子です。 明日はバイト行けそうです! ってゆーか行かなきゃお小遣いもままならない (´~`) かな子買い食い多いよなあと思いながらコンビニでなんかかんか買ってますからね・・ (。゚ω゚ …