かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

AC/DC

AC/DC 「Back In Black(バック・イン・ブラック)」

投稿日:2017年11月19日 更新日:

こんにちは!かな子です。
今日は朝起きたら真冬でした ಠ_ಠ
雪かきはお父さん任せなのですが、あいにく不在で ಠ_ಠ
でもとても放置できる積雪じゃなかったので ಠ_ಠ
やりましたよ、雪かき ಠ_ಠ
今シーズン初ということもあって、約 30 分で挫折しました ಠ_ಠ

 

 

AC/DC 「Back In Black(バック・イン・ブラック)」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、AC/DC  の「Back In Black(バック・イン・ブラック)」です!
ジャケットは、シンプルで潔くて、実にロックだと思います (*゚▽゚*)


前ボーカルのボン・スコットの死後、ブライアン・ジョンソンを迎えて再始動した 1980 年のアルバム

かな子もともと大抵のメタルやハード・ロックは苦手なのですが、そこにキャンキャンうるさいボーカルに女を馬鹿にした歌詞が酷くて、とても聴く気になれないバンドでした(ファンの人ごめんね) ಠ_ಠ
でもマルコム・ヤングは良いギタリストだったと思うし・・って感じで今回は挑戦してみましたよ。
バンドにとってボーカリストが変わるっていうのは極めて重大な問題だと思いますが、そこから代表作にすらなりえるアルバムを作り出したことは並大抵のことではなかったか、単なる奇跡だったかなんだろうなと思います。

録音メンバーは以下のようになってました。

Brian Johnson – lead vocals
Angus Young – lead guitar
Malcolm Young – rhythm guitar, backing vocals
Cliff Williams – bass guitar, backing vocals
Phil Rudd – drums

Spotify のプレイリストも更新済みです ヽ(´ー`)ノ

 

 

1. “Hells Bells” 5:10
2. “Shoot to Thrill” 5:17
3. “What Do You Do for Money Honey” 3:33
4. “Given the Dog a Bone” 3:30
5. “Let Me Put My Love into You” 4:16
6. “Back in Black” 4:14
7. “You Shook Me All Night Long” 3:30
8. “Have a Drink on Me” 3:57
9. “Shake a Leg” 4:06
10. “Rock and Roll Ain’t Noise Pollution” 4:15

  • 1. “Hells Bells”
    オープニングの鐘の音とアンガス・ヤングの少し憂いのあるフレーズで開始される 1 曲目です。このイントロのギターのフレーズってよく出来てますよね・・結構印象に残る感じです。中盤以降のギター・ソロはわりと 70 年代ロックそのままで、まだこういう音色も多かった時代だったんだなあと思いました。歌詞は実に単純で中二病な感じですけど、またそれも良いのではないでしょうか ヽ(´ー`)ノ

 

  • 2. “Shoot to Thrill” 
    フィル・ラッドのドラムが実にロックの基本めいていて、安定感抜群です。アンガスとマルコムのギターもまた基本的で必要十分な感じで、ブルースから発展したハード・ロック・ギターという感じの伝統色が強いです (*゚▽゚*) この曲はソロというかブリッジが長めなので、余計にその見せ所が光ってますねー。古き良きハード・ロックのお手本みたいな曲でした。

 

  • 3. “What Do You Do for Money Honey” 
    これはよくある AC/DC の曲かなあ。悪くはないし、ハード・ロックとかメタルとか好きな人たちには好まれる曲でしょうね (*゚▽゚*) かな子的には特になんとも・・ ಠ_ಠ あ、ソロのとこでテンポ上がったように聴こえるのは面白いなと思いました。

 

  • 4. “Given the Dog a Bone”
    これまたよくある AC/DC の曲って感じですけど、このクオリティが保証されてるようなものってのはさすがですねー。執拗に繰り返されるリフが戦前のブルースっぽくてなんとなく笑えました。でもなんだか酷い歌詞ばっかりですね、このバンド・・ ಠ_ಠ

 

  • 5. “Let Me Put My Love into You” 
    出だしのバスドラとベースのコンビにシンプルなギターが混ざっていくってのは結構このバンドでも耳にするパターンな気がします。ここまでの曲よりはちょっとだけヘヴィな感じですね・・アンガス・ヤングのギター・ソロがスウィートと表現しても良いくらいで、とても良い感じです (*゚▽゚*)

 

  • 6. “Back in Black” 
    この曲のリフって”Iron Man” や “Smoke on the Water” みたいな、シンプルで強烈にロックなリフですよね (*゚▽゚*) そしてその他の音はもはやこのリフの付属品ですけど、それで十分にかっこいいです。かな子でも知ってるくらいですから AC/DC の代表的なリフと言っても良いのではないでしょうか。

 

  • 7. “You Shook Me All Night Long” 
    ちょっとストーンズの “Start Me Up” 的なリフで出来ている感じの曲で、これはかっこいいなと思いましたよー。ドラムもとても良いですし、シンプルながらよく歌うギター・ソロも良いです。こういう曲ばっかりなら、かな子もこのバンド大好きになってたかもしれませんね (ΦωΦ)

 

  • 8. “Have a Drink on Me” 
    かな子的にはこれは好きです。ZZ TOP に似てるかなー。じゃあ ZZ TOP 聴きなよって話になるのが微妙なとこです (ΦωΦ) この曲のギターは不思議っちゃあ不思議で、悪くはないけど印象に残らない、ちょっと残念な感じです。

 

  • 9. “Shake a Leg” 
    この曲は普通ですね。たぶん AC/DC 好きな人たちにはとてもいい感じの曲なんじゃないでしょうか。AC/DC のフォーマットで演ってる普通のロックンロールです。

 

  • 10. “Rock and Roll Ain’t Noise Pollution”
    この曲もわりと好きな感じです。強いて似てる感じを挙げるとするなら Free とかも演りそうな感じ (*゚▽゚*) 終わり良ければ全て良し、ってことなら非常にいい感じでこのアルバムを評価できますねー。かな子的にはもっとこういう曲の割合を増やして欲しいなと思いました ヽ(´ー`)ノ

 

 

Van Halen 「Van Halen」


いきなり個人の見解のお話になってしまいますが、かな子的にはヴァン・ヘイレンってブギーです。ハード・ロックとかメタルとかじゃないように思います。

演奏についても派手な技を繰り出しているより、ちょっと引っ込んで地味なバッキングをしているときが一番好きですよ (*゚▽゚*) 本当に優れたプレイヤーだから、引くべきポイントであっさり主役を降りるんですよねー。素晴らしい演奏家だと思います!

Van Halen 「Van Halen(炎の導火線)」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子

かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-AC/DC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした