かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Van Morrison

Van Morrison 「Avalon Sunset」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
そろそろ扇風機もしまうことを考えねばならない頃合いなんですが、
日中はそれなりの気温になってたりしますので、
お家に帰った直後は窓を開けて外に向けて扇風機を稼働させてます (*´∀`*)
これで一気に空気の入れ替えができて、とてもいい感じですよー (*^^*)

 

 

Van Morrison 「Avalon Sunset」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのはヴァン・モリソンの「Avalon Sunset」です!
ジャケットは、綺麗な感じで良いですね (*゚▽゚*)


いつものように落ち着いた懐の深い歌を聴かせる 1989 年発表の作品

悪く言うといつもと同じですが、そのいつものレベルが超絶なので悪口にならないタイプのミュージシャンですよね(笑)こういうタイプはなかなかいないです。このアルバムでも控えめながらも強力に、じっくりと聴かせてくれます。

成熟した音楽性を相も変わらず(褒めてます)歌を大事にして演奏する、完成度の高い音楽だと思います (*゚▽゚*)

Spotify のリストも更新しました ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

 

 

1 “Whenever God Shines His Light” (Duet with Cliff Richard) – 4:58
2 “Contacting My Angel” – 4:57
3 “I’d Love to Write Another Song” – 2:52
4 “Have I Told You Lately” – 4:20
5 “Coney Island” – 2:00
6 “I’m Tired Joey Boy” – 2:29
7 “When Will I Ever Learn to Live in God” – 5:38
8 “Orangefield” – 3:50
9 “Daring Night” – 6:10
10 “These Are the Days” – 5:08

  • 1 “Whenever God Shines His Light” 

    わりと軽めの曲をクリフ・リチャードとデュエットです。ピアノの音が木琴的な音に聴こえて可愛いです (*゚▽゚)ノ  ちよこっとだけ使われているシンセは微妙かもですね・・なにか別の音で代用したほうがもっと良かったかもしれないです(個人の見解です)

 

  • 2 “Contacting My Angel” 

    小細工なしにこういうわりと普通の曲を歌ってかっこいい人って限定されますよね。バックの演奏も音数少なめで、むしろ重々しいくらいなんですけど、大先生は一人で対峙してます。

 

  • 3 “I’d Love to Write Another Song” 
    この曲のハモンド・オルガンはジョージー・フェイムとのことです (*゚▽゚*) いい感じにソウルフルかつグルーヴィーな感じですよね。さすがです。わりとトラディショナルな構成ですけと重くなりすぎない感じでうまくまとめられていて、むしろポップなくらいですよー。アコースティック・ギターもイントロからずっといい演奏をしてます。

 

  • 4 “Have I Told You Lately” 
    ヴァン・モリソン大先生お得意の正攻法なバラードです。「いつものヴァン・モリソンのバラード」という説明で充分だけどもやっぱり唸らせられる、みたいな出来です (*゚▽゚*) ストリングスもピアノのソロも最高にキマってます。

 

  • 5 “Coney Island”
    この曲は歌ではなくて、詩の朗読です。とてもいい感じの演奏なので、なんかもう適当なメロディとかいらないかなって感じで朗読にしちゃったのでしょうかね・・。こうなった経緯が気になるとこです(笑)朗読スタイルでこのタイトルって、ルー・リードの「Coney Island Baby」を思い出しちゃいました (*゚▽゚*)

 

  • 6 “I’m Tired Joey Boy” 
    続くこの曲もわりとメロディ不在なところがある曲ですね。”Coney Island” がルー・リードならこの曲はボブ・ディランみたいな(笑)この 2 曲はどういう狙いでこうなったのかなあ・・。ヴァン・モリソン大先生なら「歌うの飽きた」とか簡単に言いそうなとこがまたアレです(笑)

 

  • 7 “When Will I Ever Learn to Live in God” 
    ちょっと重苦しいオープニングから、ちょっと力の抜けたヴァン・モリソンの歌声です。がなる必要もなく、ただ気分良く歌えばいい、いっそ詩の朗読でもいい、みたいな悟りでしょうか(笑)この曲のオルガンはちょっと 60 年代っぽい音かな?かっこいいです (*゚▽゚*)

 

  • 8 “Orangefield”
    ヴァン・モリソン大先生の曲はまだ歌ってもいないイントロから「あ、これいい曲だ」とわかるものがありますが、この曲はそのタイプです。ストリングスがベタな使い方ですけど、たぶんそのつもりで使ってます。間奏で聴けるギターの音も全くもっていつもの音です(笑)でもそれがいいというか、もう何を演ってもヴァン・モリソンはヴァン・モリソンなんですよ。もうヴァン・モリソンっていうジャンルなので。

 

  • 9 “Daring Night”
    ミドル・テンポの、ヴァン・モリソン的にはポップな類の聴きやすい曲だと思います。オルガンの音が素敵で効果的です。わりとシンプルな感じで大先生の声の凄さが際立ちます。

 

  • 10 “These Are the Days” 
    最後の曲もヴァン・モリソンそのものです。終盤なんてほとんど「なななな、なーなーなーなー」ばっかりで歌詞らしい歌詞も無い始末です(笑)でも唯一無二の大先生の声で歌われると文句なんてありません。この声こそ楽器って感じで (*゚▽゚*)

 

 

Van Morrison 「Moondance(ムーンダンス)」


久しぶりに聴きましたけど、やっぱり最高でした (*゚▽゚*)
良い音楽とは何かという疑問の回答の 1 つで疑いの余地がありません。
25 歳程度でこの歌このアルバムってどういうことなんでしょうね(笑)
この時点ですでにジャンルも越えて才能が熟成の極みじゃないですか・・。

Van Morrison 「Moondance(ムーンダンス)」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Van Morrison

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Van Morrison 「Roll With the Punches」

こんにちは!かな子です。 今日はマツエクしてきました (*゚▽゚*) まつ毛の種類、太さ、長さを決めて、1 時間程で終わりますよ (*´∀`*) つけまつげと違ってあまり違和感もないし、長さとボリュー …

Van Morrison 「Keep Me Singing」

こんにちは!かな子です。 秋晴れですねー! ただ部屋の中の乾燥がちょっと気になるので加湿器付けて寝てます (o・ω・o) ※ 本記事は 2016 年 10 月 2 日の記事に加筆・訂正したものです。 …

Van Morrison 「Moondance(ムーンダンス)」

こんにちは!かな子です。 お友達が牛乳風呂を試してみたのだけど、 匂いが牛乳でやばかったって言ってました ಠ_ಠ 牛乳の匂いって結構強烈に感じるときってありますけど、 それをお風呂レベルに貯めて温めて …