かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Tom Petty

Tom Petty and The Heartbreakers 「Tom Petty and The Heartbreakers」

投稿日:2017年10月3日 更新日:

こんにちは!かな子です。
今日はもう寒いうえに雨が降ったりやんだりです ಠ_ಠ
もう面倒だから少し小さいのは承知で折りたたみ傘を持っていきましたよ ಠ_ಠ
そのくせお家の中は本気ストーブ炊いてるので暑いくらいです ಠ_ಠ
帰宅したらあとで食べようと思ってリビングに置いてあったチョコレートが溶けてました ಠ_ಠ
しばらく冷凍庫に入れて超変形したチョコを食べました ಠ_ಠ

 

Tom Petty and The Heartbreakers 「Tom Petty and The Heartbreakers」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、Tom Petty and The Heartbreakers の「Tom Petty and The Heartbreakers」です!
ジャケットは、若い頃のトム・ペティですね。良い表情です (*゚▽゚*)


ラフでシンプルでストレートなトム・ペティ・サウンドを既に確立している 1976 年の 1st アルバム

このアルバムに収録された曲はどれも短いです・・ 2 分台とか普通にありますからね、ハードコア・パンクかって感じです(笑)その短い時間の中で自分の世界を表現するロックを演るって相当凄いんじゃないでしょうかね。2-3 分で完結する世界ってエルヴィス・プレスリーとかそういう時代の曲みたいです (*゚▽゚*)

トム・ペティ自身とてもバーズが好きだったみたいで、調べてみるとバーズのコピーみたいなことも言われたみたいなんですけど、少なくともこのアルバムは別にコピーっぽくないですね・・むしろ最初からトム・ペティの音だなと思いましたよ ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

Spotify のプレイリストも更新済みです (*´∀`*)

 

 

1. “Rockin’ Around (With You)” Petty, Mike Campbell 2:29
2. “Breakdown” 2:43
3. “Hometown Blues” 2:14
4. “The Wild One, Forever” 3:03
5. “Anything That’s Rock ‘n’ Roll” Petty, Campbell 2:24
6. “Strangered in the Night” 3:34
7. “Fooled Again (I Don’t Like It)” 3:50
8. “Mystery Man” 3:03
9. “Luna” 3:58
10. “American Girl” 3:34

  • 1. “Rockin’ Around (With You)” 
    シンプルながら存在感のあるドラムとベースで開始される、シンプルなロックンロールといった感じです。こういうの聴くとドラム叩きたくなりますね (*゚▽゚*) 時折挟み込まれるギターのフレーズがとても味があって良いですねー。シンセも薄くですが使用されていて、終盤にちょっとだけ出て来て雰囲気を変化させてます (*´∀`*)

 

  • 2. “Breakdown” 

    全体的にタイトで良い演奏だと思います。歌詞は 1 番しかなくて、2 分 45 秒程度の短い曲なんですが、不思議と存在感のある曲です。エレピの音が効果的に使用されていて、エレピが頑張っているぶんギターは印象的な単音フレーズを散りばめています。とてもシンプルなのにインパクトがあってかっこいいです (*゚▽゚*)

 

  • 3. “Hometown Blues”
    この曲も 2 分 15 秒程度の短い曲なんですが、そのぶん余計なものが無い感じの演奏です。トムのボーカルが引き立っていて、しかもとてもパワフルだけどクールでかっこいいですねー。良い曲だと思います (*´∀`*)

 

  • 4. “The Wild One, Forever” 
    ちょっと退屈な出だしでどうなるかと思いましたけど、サビが出てきて雰囲気が変わりました。でもトムの歌がちょっと力み過ぎかな・・。かな子的には普通って感じです。(個人の見解です)

 

  • 5. “Anything That’s Rock ‘n’ Roll”

    イントロのギターの音が良い感じですねー。この曲も、普通にロックンロールなんですけど、結局この人はこういうのが一番似合っていたと思います。この曲も凄く短いんですけど、短い時間にちゃんとやるべきことをやって聴かせられる曲を録音するって凄く難しいと思うんですよね。でも初期のトム・ペティってそんな感じの曲連発ですね (@_@;)

 

  • 6. “Strangered in the Night” 
    出だしのフィードバックノイズが良いです (*゚▽゚)ノ かな子こういうの結構好きなんですよねー。曲はというと聴きながら合わせることができるレベルで簡単なんですけど、だからこそかっこいいって感じです (*゚▽゚*)

 

  • 7. “Fooled Again (I Don’t Like It)” 
    白玉弾いてるだけみたいなシンセが逆に良い感じです (*゚▽゚*) 中間でよくわからないシンセの音が聴こえますが意図が不明です(笑)曲自体はこのアルバムでは異質な、ダークでミディアムスローな感じですね。

 

  • 8. “Mystery Man” 
    落ち着いた渋めの曲で、この曲はなんとなくヴァン・モリソンが歌ってもいいような、そんな感じですね。イントロのトレモロのかかったギターがかっこいいです。何度か他のレビューでも言及してますけど、昔のバンドの録音のトレモロの使い方は最高です (*゚▽゚*)

 

  • 9. “Luna” 
    ギターとタムがなって静かに始まる曲です。ベースが音数少なくも雄弁な演奏だと思います。中間部にもこれらの組み合わせで印象的な演奏をしてますよ。でもそれ以外はちょっと捨て曲気味かな・・。(個人の見解です)

 

  • 10. “American Girl”
    ポップ色が強い、わかりやすい感じのロック曲です。なんだか軽快でありながらアーシーで、ロード・ムービーみたいなイメージでしょうかね (*´∀`*) 混じり合ってわんなん鳴ってるような感じのギターの音もいい感じです。やっぱり、というかなんというか、トム・ペティのファンにはとりわけ人気のある曲みたいですねー。

 

 

Neil Young 「Peace Trail」


レコーディングはジム・ケルトナー(ドラム)とポール・ブシュネル(ベース)のトリオだったようです。
かな子ジム・ケルトナー大好きですよ!なんといっても見た目が好きです(笑)

肝心のアルバムの内容ですが、まあいつものニール・ヤングです。ただニール・ヤングの場合いつも通りでいるの大変だと思いますけどね・・(ΦωΦ)

Neil Young 「Peace Trail」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Tom Petty

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Tom Petty and The Heartbreakers 「Southern Accents」

こんにちは!かな子です。 ついに札幌の手稲山に初冠雪です ಠ_ಠ 来ましたよ雪 ಠ_ಠ 困りましたね、ちょうどいいコート無いです ಠ_ಠ この前赤とんぼと思ったら、そうすぐ雪虫が飛ぶんだろうなあ ಠ_ …

Bob Dylan 「The 30th Anniversary Concert Celebration」(その 2)

こんにちは!かな子です。 こう言っちゃ失礼かもですが、コンビニおでんって意外と美味しいですよね。 かな子は常時ダイエット期間なので、大根、白滝、こんにゃくとかヘルシーなものばっかりにしてます! でも餅 …