かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

The Rolling Stones Keith Richards

The Rolling Stones 『Undercover』

投稿日:2017年5月9日 更新日:

こんにちは!かな子です。
昨日美容室に行ったのですが、もとの髪色暗めのアッシュだったのを「春だからピンクっぽい感じにしてみませんか」ってお勧めされまして・・ಠ_ಠ
いざ染めたら出来上がり微妙な赤茶色でとても泣きたいです ><
もう一度行くお金もないし、自分で染め直そうか思案中です ಠ_ಠ

※ 本記事は 2017 年 4 月 28 日のものに加筆・訂正したものです。

The Rolling Stones 「Undercover」

ここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出してきたのは、ローリング・ストーンズの「Undercover」です!
ジャケットは、なんか最低です ಠ_ಠ
たぶん今ならこんなの発売できないでしょうね・・。 


 

1983 年にリリースされた 17 枚目のオリジナル・アルバム

背景的なところでは、この頃のストーンズは実に面倒くさいことになっていたみたいですね。ミック・ジャガーとキース・リチャーズの喧嘩は続き、非常にやりにくい録音作業、でも大きくなりすぎたバンドはまともに話し合うこともできず・・ (;´∀`)

新しい時代を迎えて今後ストーンズはどうなるべきなのか、この時点での結論が一連の 80 年代ストーンズの音だったのだと思います。
が、2016 年にもなってまだバンドやってて、しかもブルースのカバー・アルバム出してる・・なんて当人たちにも想像できなかったでしょうね(笑)

Spotify のプレイリストも更新しました! (*´∀`*)

 

01. Undercover of the Night
02. She Was Hot
03. Tie You Up (The Pain of Love)
04. Wanna Hold You
05. Feel On Baby
06. Too Much Blood
07. Pretty Beat Up
08. Too Tough
09. All the Way Down
10. It Must Be Hell

  • 01. Undercover of the Night
    「今聴いてみると」という話なのかもしれませんが、かっこいいですよ、この曲? 意外と古くないんです。エフェクトばりばりのドラムがちょっと・・ってくらいじゃないでしょうか。なんというか、そもそもが上品で丁寧な仕上がりだったってことなんだと思うのですよ (*゚▽゚*)

  • 02. She Was Hot
    この曲はディスコティックな感じはありつつも、基本のストーンズ節が濃厚に残ってますので、わりと「いかにも」な感じです (*゚▽゚*)

  • 03. Tie You Up (The Pain of Love)
    これも同じ路線なんですけど、この曲の場合はブルースが基本です。悪くはないのですけど、中盤に存在する謎のブレイク部分が微妙ですねー。たぶん、今録音するならばっさり切ってダンス系ブルースって感じに仕上げたのではないでしょうかね (;´∀`)
  • 04. Wanna Hold You
    キース・リチャーズのボーカル曲です (*゚▽゚*) わりとポップな感じのキースのソロ・アルバムの曲みたいな感じ?例えば “Eileen” とかそんな感じです。悪くないですよ。キースがストーンズのこういう曲で歌うのは珍しいかもしれませんが (*゚▽゚*)

  • 05. Feel On Baby
    いかにもストーンズな、適当に作った曲をアレンジの段階でレゲエのフォーマットに突っ込んでみた・・という感じじゃないですかね(笑)実はギターの音がかっこいいし、キースもわりと楽しそうにコーラスしてるし(笑)、当人たちは「実験的でいいんじゃね」くらいの感覚だったのではないかと邪推 (;´∀`)
  • 06. Too Much Blood
    これもよくわからないですけど(笑)サンバなんだかファンクなんだかわからない・・謎の曲です (ΦωΦ) なお歌詞のモチーフは昔パリで起こった日本人による人肉食殺人事件だそうです。なんかこの曲悪いかのように書いちゃいましたけど、意外と悪くはないんですよ?
  • 07. Pretty Beat Up
    これは普通ですね。80 年代の感覚で演ったストーンズのロック曲だったのではないでしょうか。サックスはデヴィッド・サンボーンだということです。
  • 08. Too Tough
    イントロのギターの音が、かっこいいんだかイケてないんだか・・って感じです (;´∀`) これも系統としては 07 と同じではないでしょうか。80 年代の感覚的にかっこ良かったのかもしれないですね。基本は普通のストーンズ節のロックなので、今聴いても特に変とかは思わないですよー。 
  • 09. All the Way Down
    70 年代的な曲を 80 年代のアレンジで仕上げましたって感じなのかなあ (´~`) 時代の背景だとか空気だとかが関係してくると、かな子にはなかなかわからないものがあります (;´∀`) 07- 09 と同じ考え方で仕上げた曲に思えます。もちろん、悪くはないですよ。
  • 10. It Must Be Hell
    これは “Honky Tonk Women(ホンキー・トンク・ウィメン)” 80 年代バージョンじゃないでしょうかね (*゚▽゚*) これだけ露骨な自己パクリをやって何事もなかったような顔するのがいかにもストーンズです(笑)

The Rolling Stones 「Emotional Rescue(エモーショナル・レスキュー)」

 
ローリング・ストーンズ流ニューウェイヴみたいにも言われるアルバムですが、まあ言うほどニューウェイヴでもないですよ(笑)音の傾向としてはやっぱりルーズで適当で、唐突に短い間本気出すような感じで、実にストーンズです (*´∀`*)
 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-The Rolling Stones, Keith Richards

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

The Rolling Stones 「Tattoo You」

こんにちは!かな子です。 まだ起きる時間じゃないのに目が覚めて、それ以降眠れないことってありますよね。 今日は寒すぎて目が覚めてそれでした >< なんか凄い雪降ってるし風も強い ಠ_ಠ お布団だけがか …

The Rolling Stones 「Goats Head Soup」

こんにちは!かな子です。 今日の午前中は、お友達とお茶した後にケーキ屋さんに行って、ケーキ屋さんに友チョコを仕入れに行きました (*゚▽゚*) まあ友チョコとか言いつつ自分が食べたいものを買っただけな …

Keith Richards 「Crosseyed Heart」

こんにちは!かな子です。 お友達が探していたもずくスープというものをようやく見つけたようです。 沖縄のもずくらしいのですが、柚子風味と書いてあったのが、かな子はかなり気になってしまい、「美味しかったら …

The Rolling Stones 「Let It Bleed」

こんにちは!かな子です。 前髪をすーっと流したいんです・・でも下に落ちる・・( ´ー`) 他の人みたいにかわいい前髪にしたいのにー (´;ω;`) お友達とそのうちまつげのサロン行こうって約束してるの …

Muddy Waters & The Rolling Stones 「Live At The Checkerboard Lounge, Chicago 1981」

こんにちは!かな子です。 鏡開きということで、またしてもお雑煮食べましたよ (ΦωΦ) 成人式はクリアしましたが依然カロリーとの戦いはつづいてるのです。:(;゙゚’ω゚’): …