かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

ProjeKct ProjeKct Four King Crimson

ProjeKct Four 「West Coast Live」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
今日から三連休なわけですが、朝に予想した通り雨です ಠ_ಠ
ぐずついた天気というよりは結構ざーざー降ってました ಠ_ಠ
そういえばマックの新商品・・ヘーホンホヘホハイ気になってますけど・・
なんだろうなあこのセンス・・ಠ_ಠ

 

 

ProjeKct Four 「West Coast Live」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、プロジェクト 4 の「West Coast Live」です!
ジャケットは、シンプルなのは結構ですが謎すぎるシンボルです ಠ_ಠ


ProjeKct Four の複数のライヴから様々なパートを編集した 1998 年の作品

プロジェクト 4 は完全に即興三昧だったわけではなくて、事前に 10 日間もリハーサルをやっているそうです。
今までのプロジェクトと同様、インプロヴィゼーション重視みたいな面はあるにせよ、わりとフレーズやアレンジの打ち合わせも平行して行われたような印象です。
ある程度のフォーマットが決まっていたためか、ロバート・フリップ先生の無駄なサウンドスケープや無駄なロング・トーンのソロや無駄なギター・シンセのピアノなんかの出番が結構減っていて・・「あれ、プロジェクトって結局ロバート・フリップが悪かったんじゃない?」とすら思わされる内容です(笑)

Robert Fripp – guitar
Tony Levin – basses, Stick
Trey Gunn – touch guitar, talker
Pat Mastelotto – electronic traps and buttons

 

例のごとく Spotify に音源はございません ಠ_ಠ

 

 

Ghost (Part 1) – 9:14
Ghost (Part 1) – 4:07
Ghost (Part 1) – 5:55
Ghost (Part 1) – 5:06
Deception of the Thrush – 7:12
Hindu Fizz – 4:46
ProjeKction – 5:29
Ghost (Part 2) – 1:39
Ghost (Part 2) – 2:43
Ghost (Part 2) – 3:53
Ghost (Part 2) – 1:48
Ghost (Part 2) – 4:57

  • Ghost (Part 1) 
    この曲は 4 つのパートに分かれている曲です。不穏なサウンドスケープから開始され、せわしないマシン的なドラムに合わせてやたらと低い音域のベースが唸ります。ベースもわりと性急なフレーズを立て続けに弾いているので緊迫感がある感じで曲が進む場面も多いです。それなりに曲も変化して抑揚があるのですが、長いので結構微妙に感じる時間もあるのが事実です ಠ_ಠ でも尺を短くするだけで随分変わるんじゃないかなあって感じもするんですよね・・この辺はどういう意図で長い曲にしちゃったのか謎ですね。ロバート・フリップ先生のソロもフレーズ的なものを弾いている場面が多くて、今までのプロジェクトと違って手癖で適当って感じはそんなにしないですし、この曲の終盤のフィードバック寸前な音色はかっこいいと思います ヽ(´ー`)ノ

 

  • Deception of the Thrush

    この曲はプロジェクト 2 でも演奏されていました。そして最終的にはキング・クリムゾンでも演奏されるものになります (*゚▽゚*) 謎のロボ・ボイスが効果音的に使われてますけど意図も効果も不明です。映像が無いのでよくわからないのですが、この曲でトレイ・ガンって何やってるのかなーとか考えたのですが、クレジットに記載の “talker” なるものが謎のロボ・ボイスの機器のことかもしれないですね。なので SE 全般的なとこをやってるのかもしれません。後のクリムゾンのライヴ映像を観るとウォー・ギターをトリガーしてボイスを鳴らしてました。これと同じものかもしれないですね (*´∀`*)

 

  • Hindu Fizz 
    各自が色々とやっている印象です。基本はせわしないドラムと、おそらくトニー・レヴィンのベースです。トレイ・ガンはフィル入れたりしてますかね。フリップ先生はギター・シンセのピアノとかで喧しくしてる感じ ಠ_ಠ わりと短いフレーズやテーマの集合体っぽい感じの曲ですねー。

 

  • ProjeKction 
    この曲のイントロ部分って将来的に “Into the Frying Pan” になるやるですね (*゚▽゚*) そしてこの曲ってそのイントロがそのままテーマになって皆んなでわちゃわちゃ演る感じです(笑)なんというか、”Into the Frying Pan” ではイントロだけになって良かったねって感じの未完成感ですね(笑)でもこうして聴くとちゃんと良い部分を吟味してアレンジして精査して・・みたいなことをやってクリムゾンの曲として完成させてるんだなあと、なかなか感心させられます。

 

  • Ghost (Part 2) 
    この曲は 5 のパートに分かれています。まあ “Ghost (Part 1) ” と同じように「だから何」って感じのパート構成ですけど・・ಠ_ಠ フリップ先生のサウンドスケープをバックにレヴィンがソロっぽいことをやったり、トレイ・ガンがウォー・ギターでフリップ先生っぽいソロをやったりと部分的には面白かったりもするんですけどねえ・・ಠ_ಠ

 

 

ProjeKct Three 「Masque」


このアルバムはプロジェクト 3 のライヴの記録をパット・マステロットがミキシングしたもののようです。
なので、どこをどうエディットされているのかもわからず、今ひとつ実際の姿が見えないところがあります。また、マステロットもいじるならいじるでもっと派手に面白いことをしたらいいのに、どうもそこまで強烈な再構築はしてないっぽいです ಠ_ಠ

ProjeKct Three 「Masque」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-ProjeKct, ProjeKct Four, King Crimson

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

King Crimson 「The Elements: 2016 Tour Box」(その 2)

こんにちは!かな子です。 昨日ツイッターで、2017 年運勢のいい誕生日ランキングって流れてきたのですが、 自分のお誕生日が 219 位でした :(;゙゚’ω゚’): これどう …

King Crimson 「Live in Vienna 2016」(その 1)

こんにちは!かな子です。 この前透明なミルクティーに挑戦したのですが、ちょっと変わった味でした ಠ_ಠ あれなら普通の透明じゃないのがいいな ಠ_ಠ 気になっているのはフォションのミルクティーですけど …

King Crimson 「Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind」(その 1)

こんにちは!かな子です。 毛布蹴飛ばして寝てたせいか寒い~ ヽ(;▽;)ノ そろそろストーブの時期がくるかな~ ヽ(;▽;)ノ ※ 本記事は 2016 年 9 月 21 日の記事に加筆・訂正したもので …

King Crimson 「Live in Vienna 2016」(その 3)

こんにちは!かな子です。 今朝はコーヒーをドリップ中にドリッパーをぶつけて大惨事でした ಠ_ಠ コーヒーフィルター内の湿ったコーヒー豆が床に散らばって悲惨です ಠ_ಠ とりあえずやけどしなくて良かった …

King Crimson 「The Elements: 2016 Tour Box」(その 1)

こんにちは!かな子です。 今日は 2017 年初バイトでしたよ ( 〃▽〃) 短い時間でしたが、妙に疲れたし妙にお腹空いちゃいました! なんか血糖値下がって手が震える感じで、帰りも無事家までたどり着け …