かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Norah Jones

Norah Jones 「Day Breaks」

投稿日:

こんにちは!かな子です。

抗生剤の点滴のおかげで、あっという間に平熱になりました。
さすがに寝てる間も 39度あると寝た気が全くしないですね(笑)
今日は抗生剤切れでまた熱が少し出て、喉が腫れてひどかったので、もう1回点滴をしに行ってきました。
先生は明日も明後日も来なさいとか言ってましたけど、まあ行けないですね(笑)
かな子的には、もう治るはずなんです!

※ 本記事は 2016 年 10 月 5 日の記事に加筆・訂正したものです。

 

 

Norah Jones 「Day Breaks」

次はお歌の時間です。
今回かな子がお父さんから拝借したCDは、ノラ・ジョーンズの「Day Breaks」です!
気になる新譜が続いてますねー。
かな子の場合黙っててもお父さんが買ってるので問題ないです(笑) 

ジャケットは、普通ですね。名前の下に “blue note” って書いてますね!
 

初期のようなジャズとピアノへの回帰を果たした 2016 年の作品

「4年ぶりのアルバムですかー」なんて思いながら参加メンバーを見てたら、なんとドラムがブライアン・ブレイドじゃないですか!
かな子、存命のドラマーでは一番好きかもしれないですよ!

ノラ・ジョーンズってピアノのイメージなのかもしれませんけど、かな子は赤いムスタング持ってる姿が一番気に入ってるかもしれないです (#^^#)

あんまり関係ないのですが、以前断りきれずバイト先の支店長の家にお邪魔したら、22階のマンションでノラ・ジョーンズかけて「ここからの夜景綺麗でしょ?」とか言われて、コーヒーだけ飲んで10分くらいで逃げ帰ったことあります(笑)色々やばかったです。変なことに巻き込まれなくて良かった(笑)

 

Spotify にもありましたので、プレイリストに追加済みです (*゚▽゚*)

 

 

01. Burn
02. Tragedy
03. Flipside
04. It’s a Wonderful Time for Love
05. And Then There Was You
06. Don’t Be Denied
07. Day Breaks
08. Peace
09. Once I Had a Laugh
10. Sleeping Wild
11. Carry On
12. Fleurette Africaine (African Flower)

  • 01. Burn
    コントラバスがかっこいいですねー。このベースコピーしたいなあ。
    控えめに鳴るオルガンの音も素敵です!他にも奥の方でブロックするピアノとか、かな子の好きな感じの音が多いですね (*´∀`*)

  • 02. Tragedy
    またこのオルガンの音ですね。今回のアルバムでよく使われる音ですかね。ハモンドのB2みたいです。曲はちょっとギルバート・オサリバンの “Alone Again (Naturally)(アローン・アゲイン)”風味ですかね?

  • 03. Flipside
    またこのオルガンだ!この曲はとりわけ各パーツが短めのループで組み立てられている感じの曲ですねー。ループシーケンサーとかで作ったのかな?

  • 04. It’s a Wonderful Time for Love
    出だし好きな感じです。ライドの音も良いですねー。さすがブライアン・ブレイドだなー。

  • 05. And Then There Was You
    ゆったりしたベースと、1:10 から始まる室内楽的な味付けが良いです

  • 06. Don’t Be Denied
    かな子はこんな管楽器の使い方好きですねー。それにしても、なんともニール・ヤング風味な曲だなあと思ってたら、そのものニール・ヤングのカバーでした(笑)「Time Fades Aways」に入ってる曲ですね!

  • 07. Day Breaks
    イントロのトレモロがかっこいいです!イントロのドラムもかっこいいです!さすがブライアン・ブレイド先生だ!

  • 08. Peace
    ホレス・シルバーの曲ですね。サックスの音が素敵なんですけど、質感が違いませんか?別の場所で録音したのでしょうかね?丸ごとサンプリングしたわけじゃないですよね、たぶん・・?

  • 09. Once I Had a Laugh
    後半ディキシーランドジャズっぽい感じありますね!いい感じです。

  • 10. Sleeping Wild
    バイオリンのトレモロかっこいいですー。この曲のベースもコピーしたいかっこよさですね!
  • 11. Carry On
    またあのオルガンの音ですね!PV もいい雰囲気ですねー。

  • 12. Fleurette Africaine (African Flower)
    歌詞は無くハミングだけの曲で、サックスとコントラバスがかっこいいです!この曲はデューク・エリントンの曲ですよ。かな子は「Money Jungle」というアルバムに入ってるバージョンが好きです。

 

 

Puss N Boots 「No Fools, No Fun」


簡単に言うとノラ・ジョーンズのやってるカントリー寄りのルーツ・ミュージック系のガールズ・バンドでしょうかね。
かな子が好きな感じの音です。
このアルバムにもニール・ヤングの「Down By The River」のカバーが収録されてますよ。
ニール・ヤング好きなんでしょうかね。 

 
 

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Norah Jones

執筆者:


  1. gimonkaishou より:

    Day breaksの感想を探していたら、かな子さんのこちらの記事を見つけました。僕は洋楽の和訳サイトをやってるんですが、音の感想としては、かな子さんの記事をコピペしたいくらいです(笑)
    女子大生で素晴らしい音楽のご趣味、、素敵です!
    (「メシュガー」がなぜ女子大生のブログに、、(笑))
    コンセプト上(?)こちらのブログで取り上げられているようなミュージシャンの曲はあまり無いですが、良かったら僕のブログも見てやってください~無駄に「Day Breaks」全曲和訳してますので!(笑)
    http://yougaku-wayaku-salon.com/2016/10/19/norah-jones-day-breaks-all-tunes-translation/

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした