かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Bob Dylan

Bob Dylan 「The Real Royal Albert Hall 1966 Concert」(その 1)

投稿日:

こんにちは!かな子です。
かな子のお家もいよいよクリスマス仕様です☆彡
といってもおしゃれな雑貨店とかで揃えるほど気合が入っていないので 100 均ですよ (๑´•.̫ • `๑)
でも 100 均のキャンドルでも香りもデザインも溶け方もいい感じでした!
今回ベリー系のキャンドルを初めて使いましたが、気分がとても良いです (・ิω・ิ)

※ 本記事は 2016 年 12 月 3 日の記事に加筆・訂正したものです。

 

 

Bob Dylan 「The Real Royal Albert Hall 1966 Concert」

次はお歌のお時間です。 
今回かな子がお父さんの CD 棚から無断で持ち出したのは、ボブ・ディランの「The Real Royal Albert Hall 1966 Concert」です!
ジャケットは可もなく不可もなく。背後の新聞は当時の記事なんでしょうかね。

2枚組なので、今回は 1枚目です! 2枚目はこちらです!


1966 年 5 月 26 日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行ったライブの記録

この音源は、1966 年のヨーロッパ・ツアーの最終公演となったロイヤル・アルバート・ホールで録音されたものらしいです。
1 枚目はアコギ 1 本のセットで、2 枚目はザ・バンドと一緒に演奏しているエレクトリック・セットです。

当時ディランはアコースティックとエレクトリックの 2 部構成でライヴ演っていたそうで、エレクトリック・セットが始まると凄いブーイングだったらしいですね。
かな子はまだ 2 枚目を聴いてないのですが、今回の録音でブーイングとかも記録されてるのかなあと、今から好奇心まんまんです ☆(ゝω・)v

Spotify のプレイリストにも登録しましたよー (人´∀`).☆.。.:*・゚ 

 

 

01. She Belongs to Me (Live from London 5/26/66)
02. Fourth Time Around (Live from London 5/26/66)
03. Visions of Johanna (Live from London 5/26/66)
04. It’s All Over Now, Baby Blue (Live from London 5/26/66)
05. Desolation Row (Live from London 5/26/66)
06. Just Like a Woman (Live from London 5/26/66)
07. Mr. Tambourine Man (Live from London 5/26/66)

  • 01. She Belongs to Me 
    とてもシンプルな良曲ですね!ディランのハープもいつも通り。うまくはないけどいつも通りのディランです ( ´ー`) この曲で歌われている「彼女」ってなんなんでしょうね・・(ΦωΦ)
  • 02. Fourth Time Around
    実はこの曲、かな子はあまり印象になかったのですけど、こうして聴くとなかなか良い曲ですね ( ー`дー´) ビートルズの “Norwegian Wood(ノルウェーの森)” に影響を受けて書かれた曲だという説を聞いたことありますけど、本当なんでしょうかね (ΦωΦ) 言われてみれば色々似てるというか影響下にあることをうかがわせる感じですね!
  • 03. Visions of Johanna
    歌詞が難解ですけど、曲として普通に良い曲だと思います (*´∀`*) ってゆーかディランの曲って歌詞だけで評価されるものってあるんでしょうかね・・?

  • 04. It’s All Over Now, Baby Blue 
    これは分かりやすい歌詞ですよね。・・ダブルミーニングとか隠語が無ければ、の話ですけど(笑)「これで終わりだ、ベイビー・ブルー」なんて日本語にしてもキマってますね! そして曲としても、もちろんかな子は凄く好きですよー (人´∀`).☆.。.:*・゚ 

  • 05. Desolation Row
    この曲の歌詞もとても難解ですよね。曲自体はこのライヴ・バージョンのほうが、アルバム・バージョンよりかっこいいし聴きやすいと思います。(ΦωΦ) これはそもそもこういう感じの曲だったのがスタジオでいじくり回しながらアルバム版になったのでしょうかね?ディランってスタジオでもどんどんアレンジ変えて録音しそうなイメージです (*´∀`*)

  • 06. Just Like a Woman 
    とても素敵なメロディで、歌詞以前に曲として良いから言葉の違う場所でも愛されているのだなあと再認識です ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 有名曲すぎて特にコメントもありません(笑)

 

  • 07. Mr. Tambourine Man
    2つのポイントで実にディランのライヴだと思います!1つは歌詞が始まるまで観客は何の曲か分かってないこと(笑)、もう 1つはミスター・タンブリンマンと分かって凄く盛り上がるところです ( ゚∀゚) それでもこのバージョンはギター 1本で演ってるから分かりやすいほうですよね(笑)この曲も有名曲すぎて特にコメントもありません (ΦωΦ) 麻薬の売人の話は前に書いちゃったし(笑)

 

 

Neil Young 「Everybody Knows This Is Nowhere」


これがニール・ヤング先生の 2nd アルバムなのですが、なんと 1st アルバムの 4ヶ月後にリリースされてます :(;゙゚’ω゚’):
初期の名盤というか、まだ 2枚目のアルバムですね。もう最初からニール・ヤングだったんですね、この人。

わりと壮絶な内容なのですが、ジャケットはのどかと言うか、なんだかぼけーっとしてる犬がかわいいです (๑>◡<๑) 

Neil Young 「Everybody Knows This Is Nowhere」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Bob Dylan

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Bob Dylan 「The 30th Anniversary Concert Celebration」(その 1)

こんにちは!かな子です。 抗生剤を飲みきったので期待していたのですが、まだ今日も手足が痒くてたまらない時がありますよ。かなりマシにはなっているのですけどね。 ※ 本記事は 2016 年 10 月 14 …

Bob Dylan 「The 30th Anniversary Concert Celebration」(その 2)

こんにちは!かな子です。 こう言っちゃ失礼かもですが、コンビニおでんって意外と美味しいですよね。 かな子は常時ダイエット期間なので、大根、白滝、こんにゃくとかヘルシーなものばっかりにしてます! でも餅 …

Bob Dylan 「The Real Royal Albert Hall 1966 Concert」(その 2)

こんにちは!かな子です。 そろそろ、爪をかわいくしに行きたいな・・と思ってます♪ かな子は楽器弾くので爪は短いのですけど、短い爪でもかわいいデザイン探したり考えたり、結構わくわくします (o^^o)♪ …