かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Bob Dylan Tom Petty Eric Clapton Neil Young George Harrison

Bob Dylan 「The 30th Anniversary Concert Celebration」(その 2)

投稿日:2017年10月5日 更新日:

こんにちは!かな子です。

こう言っちゃ失礼かもですが、コンビニおでんって意外と美味しいですよね。
かな子は常時ダイエット期間なので、大根、白滝、こんにゃくとかヘルシーなものばっかりにしてます!
でも餅巾は食べたい・・ ゚(゚´ω`゚)゚。 

※ 本記事は 2016 年 10 月 15 日の記事に加筆・訂正したものです。 

 

 

Bob Dylan 「The 30th Anniversary Concert Celebration」

それではここでお歌のお時間です。
今回かな子がお父さんの CD 棚から持ち出したのは、ボブ・ディランの「The 30th Anniversary Concert Celebration」です!
ジャケットは、この頃まだ生きていたジョージ・ハリソンもいますね (*゚▽゚*)

2 枚組で、今回は 2 枚目です。1 枚目はこちらです!


ボブ・ディランのデビュー30周年を祝う 1992 年 10 月 16 日に行われたトリビュート・コンサート

誰がどんな風に料理しようとも、ディラン本人が様々なアレンジで演奏してるので違和感が無いというか、ディランの曲である以上は最低限の保証がある感じです。
バッハの曲がどんなアレンジでもバッハなのに似てるのかもしれないですね(笑)

Spotify のリストにも登録済みです (*゚▽゚*)

 

 

01. Just Like Tom Thumb’s Blues – Neil Young
02. All Along the Watchtower – Neil Young
03. I Shall Be Released – Chrissie Hynde
04. Don’t Think Twice, It’s All Right – Eric Clapton
05. Emotionally Yours – O’Jays
06. When I Paint My Masterpiece – The Band
07. Absolutely Sweet Marie – George Harrison
08. License to Kill – Tom Petty & the Heartbreakers
09. Rainy Day Women #12 & 35 – Tom Petty & the Heartbreakers
10. Mr. Tambourine Man – Roger McGuinn with Tom Petty & the Heartbreakers
11. It’s Alright, Ma (I’m Only Bleeding) – Bob Dylan
12. My Back Pages – Bob Dylan, Roger McGuinn, Tom Petty, Neil Young, Eric Clapton and George Harrison
13. Knockin’ on Heaven’s Door – All
14. Girl from the North Country – Bob Dylan

  • 01. Just Like Tom Thumb’s Blues – Neil Young
    かな子この曲もニール・ヤングも大好きです!「俺はニューヨークに戻るんだ。こんなところもううんざりだ」という部分がなんでかとても好きです。CD版ではカットされてますが、この直前にシンニード・オコナーがブーイングによって演奏できず、涙目でボブ・マーリーの “War” を無伴奏で歌うシーンがありました。映像版では収録されてますよ。そしてその直後にぐっと黙って自分の演奏をするニール・ヤングはさすがです。

  • 02. All Along the Watchtower – Neil Young
    この演奏はニール・ヤングのギタリストとしての凄さがよく出てる気がします。技術的に凄いわけではないのに極めてエモーショナルで素晴らしいです。かな子はこういうギタリストが好きです (*゚▽゚*)

  • 03. I Shall Be Released – Chrissie Hynde
    クリッシー・ハインドかっこいいですねー (#^^#) シンプルで力強くて良い演奏だと思います。もちろん歌声もかっこいいんですよ。そしてこの人はもっと楽器を弾く女子のお手本になっていいと思います!

  • 04. Don’t Think Twice, It’s All Right – Eric Clapton
    エリック・クラプトンお得意の「ブルースなら手癖だけでハイスコアがとれる」スキルが発動してる感じです(笑)伴奏のオルガンも良い感じですけど、ここでの本人のギターの音色も良いと思います・・近年では珍しいくらい良いかもしれません(笑)

  • 05. Emotionally Yours – O’Jays
    オルガンが素敵、コーラス・ワークが素敵、なんとなくディランの曲に聴こえない感じもしますよね(笑) 繰り返しになりますが、こういう演り方も全然アリになるのがディランの曲の凄さでもありますよ。
  • 06. When I Paint My Masterpiece – The Band
    The Band はまあ、そのままですね(笑)わかってましたけど(笑)全くもって通常運行です(笑)
  • 07. Absolutely Sweet Marie – George Harrison
    ジョージ・ハリソン!いくつになってもかわいい!生き返って!選曲もアレンジも、なんとなくジョージの選びそうな感じで凄くいいですね(笑)
  • 08. License to Kill – Tom Petty & the Heartbreakers
    トム・ペティもいつも通りですね(笑)堅実にいつも通りディランの曲を演奏してる感じです。ワン・コーラス終わった後の大歓声が印象的ですねー。
  • 09. Rainy Day Women #12 & 35 – Tom Petty & the Heartbreakers
    リズムはちょっと跳ねるようにしてますがこれもいつも通り(笑)ベースラインもいいですね。コントラバスで弾きたくなりました。

  • 10. Mr. Tambourine Man – Roger McGuinn with Tom Petty & the Heartbreakers
    ミスター・タンブリン・マンです。やっぱり 12弦の音の素敵さは特別な感じがありますよね。この 12 弦のイントロだけで今までのステージが変わりますよ。そしてトム・ペティにロジャー・マッギンって反則技じゃないですか(笑)いい内容でした (*゚▽゚*)

  • 11. It’s Alright, Ma (I’m Only Bleeding) – Bob Dylan
    いよいよディランが登場です!やっぱり本人が一番ですね(笑)「アメリカの大統領でさえも裸で立たねばならない」というフレーズで歓声が一気に大きくなるのですが、ちょうど大統領選挙の年だったからみたいです。今年歌っても盛り上がりそうですね(笑)

  • 12. My Back Pages – Bob Dylan, Roger McGuinn, Tom Petty, Neil Young, Eric Clapton and George Harrison
    豪華メンバーによる “My Back Pages” の演奏です!あり得ないメンバーですよねー。みんなで持ち回りで歌っていきます。なんとなくほのぼのするというか、お祭りなんだなーって感じです (*゚▽゚*)
  • 13. Knockin’ on Heaven’s Door – All
    こっちは全員で “Knockin’ on Heaven’s Door” です。いきなりディラン御大がフリーダムに歌い崩して周囲が困惑って感じがまた最高です(笑)

  • 14. Girl from the North Country – Bob Dylan
    この曲、このバージョン最高です。最後に出てきてキメて帰っていくんだから、やっぱり主役ですね(笑)シンプルで美しい曲だと思います。

 

 

Tom Petty and The Heartbreakers 「Tom Petty and The Heartbreakers」


このアルバムに収録された曲はどれも短いです・・ 2 分台とか普通にありますからね、ハードコア・パンクかって感じです(笑)その短い時間の中で自分の世界を表現するロックを演るって相当凄いんじゃないでしょうかね。2-3 分で完結する世界ってエルヴィス・プレスリーとかそういう時代の曲みたいです (*゚▽゚*)

Tom Petty and The Heartbreakers 「Tom Petty and The Heartbreakers」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Bob Dylan, Tom Petty, Eric Clapton, Neil Young, George Harrison

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Eric Clapton 「Live In San Diego with special guest JJ Cale」

こんにちは!かな子です。 今日は熱を出して具合が悪くなってしまい、大学を早退して帰ってきました。 まだ38度くらいあるのですが(笑)しばらく寝てたら少し楽になったので、ブログを書いて(笑)、そしてまた …

Cream 「Wheels of Fire」 (その 1)

こんにちは!かな子です。 今朝はバイトに向かう時に、寒すぎて魂が消え去りそうになったかな子でしたが、 その後駅ですごーく可愛い子を見かけて復活しました (*≧∀≦*) 白熊さんの着ぐるみを着た男の子が …

The Beatles 「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (2017 50th Anniversary Edition)」

こんにちは!かな子です。 不眠症は、はやく病院に行ったほうがいいです(笑) お薬貰ってからは、治ってはいないけど毎日少しずつ睡眠時間が伸びてきている感じです (*´∀`*) ただ同時に眠気も復活してき …

Bob Dylan 「The Real Royal Albert Hall 1966 Concert」(その 2)

こんにちは!かな子です。 そろそろ、爪をかわいくしに行きたいな・・と思ってます♪ かな子は楽器弾くので爪は短いのですけど、短い爪でもかわいいデザイン探したり考えたり、結構わくわくします (o^^o)♪ …

Tom Petty and The Heartbreakers 「Tom Petty and The Heartbreakers」

こんにちは!かな子です。 今日はもう寒いうえに雨が降ったりやんだりです ಠ_ಠ もう面倒だから少し小さいのは承知で折りたたみ傘を持っていきましたよ ಠ_ಠ そのくせお家の中は本気ストーブ炊いてるので暑 …