かなこれ - かな子のレビュー !! -

かな子が(主にお父さんのCDとレコードコレクションから)聴いた音楽の感想を書いちゃいますよ!

Alison Krauss

Alison Krauss 「Forget About It」

投稿日:

こんにちは!かな子です。
食欲の秋が到来したのでしょうか・・
かな子は寒がりのくせに、夏よりアイスが食べたいです (^_^;)
昨日も食べたのに今日も食べたい・・これは良くないですよ・・

※ 本記事は 2016 年 10 月 19 日の記事に加筆・訂正したものです。

 

 

Alison Krauss 「Forget About It」

今回かな子がお父さんのCD棚から持ち出してきたのは、アリソン・クラウスの「Forget About It」です!!
かな子の大好きなアルバムですよ! 


個人名義としては 3 作目となり、初のセルフ・プロデュース作品となった 1999 年の作品

たぶんこのアルバムが、かな子が初めて聴いたアリソン・クラウスです。

1回聴いてすぐに好きになって、しばらくはこればっかり聴いてました (*´ェ`*)

全体的に3分半くらいで終わる曲が多いのですが、どれも良い演奏にアリソン・クラウスの優しい歌声が乗る感じで、あっという間に 1周してます(笑)

そういえばかな子のお婆ちゃんも、たまたまアリソン・クラウスの別のアルバムを聴いた時に優しい声で良いって言って気に入ってましたよ。
日本のお年寄りにもアピールできる実力!凄い!

Spotify のリストにも追加済みですー。

 

 

01 Stay
02 Forget About It
03 It Wouldn’t Have Made Any Difference
04 Maybe
05 Empty Hearts
06 Never Got Off the Ground
07 Ghost in This House
08 It Don’t Matter Now
09 That Kind of Love
10 Could You Lie
11 Dreaming My Dreams With You

  • 01 Stay
    バンジョーのソロが良い感じです!それにバンジョーのスライドというのも味があって良いものですね (*´∀`*) しかし 1 曲目からこの可愛らしくも透明で伸びのある素晴らしい歌声・・(*゚▽゚*)

  • 02 Forget About It
    サビの 1:33 の辺りが特に好きです!ヴァイオリンのソロもいいです!イントロからずっと鳴ってるギターのアルペジオと、それにたまにバンジョーが絡んでくるの、この人の曲ではわりとあるパターンですけど、やっぱりバッチリです。

  • 03 It Wouldn’t Have Made Any Difference
    トッド・ラングレンです!最高にいい曲ですよねー。アリソン・クラウスのバージョンを聴いてから元曲を聴いたら「ああ、こんなに凄い曲だったんだ!」って再発見しました (*゚▽゚*) 3:00 からのギターの音色も最高です!
  • 04 Maybe
    これも凄く良い曲です。素晴らしすぎてもう何も言うことはありません・・ 1:20 の歌声も凄く可愛いです (#^^#)

  • 05 Empty Hearts
    シンプルな伴奏で優しく歌われて、なんでか泣きそうになります。なんだか良い曲が続いて黙って聴くばかりです ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

  • 06 Never Got Off the Ground
    これまたシンプルな伴奏でとても好感が持てます!かな子はこういうの好きですねー (*´ェ`*)
  • 07 Ghost in This House
    この曲は良いです!とても美しくて大好きです。ほんとに素晴らしいです。この曲でのアリソン・クラウスの歌声はこのアルバムで指折りの素晴らしさじゃないでしょうか。

  • 08 It Don’t Matter Now
    強いて言えば、このアルバムでは地味な曲でしょうか。でもこのアルバムに入ってるからって話だと思いますねー。
  • 09 That Kind of Love
    声が近い録音ですねー。なかなか美しい曲だと思います。特にセルフ・コーラスが素敵です!
  • 10 Could You Lie
    ここに来て若干カントリー風味が出てきましたね。ギターソロも優しい音で良いです!
  • 11 Dreaming My Dreams With You
    これは普通にカントリーですかね。とてもゆったりしてて、優しくて良いと思います!

 

 

The Grateful Dead 「American Beauty」


これはグレイトフル・デッドがわりとルーツ・ミュージックに向かっていた頃のアルバムですね。非常に心地よい音の連続だと思います (*´∀`*) でも歌詞を読んでみると胡散臭い内容の連続なんですよ・・ (ΦωΦ)

デッドはライヴでの長時間即興演奏というイメージが強いバンドですが、このアルバムではスタジオ作品だってイケてることを証明してますよ (`°ω°´)

美しいメロディとハーモニー、どこか悲しい雰囲気、基本的にどこをとってもかっこいいギターなど、わりと聴きどころもある良作だと思いますよ (*´∀`*)

The Grateful Dead 「American Beauty」

 

 

参考、関連サイト

投稿者プロフィール

かな子
かな子
かな子です!音楽大好きです!音楽の趣味は渋いかもしれません(笑)
目指せブルース女子代表!
【Twitter】 https://twitter.com/kanakoreview
【Facebook】 https://m.facebook.com/kanako.review/
【Mastodon】 kanakoreview@mstdn.jp
【Instagram】 https://www.instagram.com/kanako.review/

-Alison Krauss

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Alison Krauss 「Windy City」

こんにちは!かな子です。 今日は雪はなんとか降り止みましたが、傘も持って行かなかったし、帽子もなかったので、髪の毛がベチャベチャになっちゃいました (T_T) フードが付いているコートを着ていたのです …